ハイホラゴケ(這い洞苔)

常緑性シダ植物
本州〜九州の陰湿な岸壁などに生える。根茎は長く這い、葉は混み合って出る。葉身は三角状楕円形で、3回羽状複葉。裂片の縁は全縁で羽片は重なり合い、葉柄から小羽軸まで幅の広い翼がつく。ソーラスは裂片の先端につき、包膜はラッパ状で、胞子嚢床はこん棒状で包膜より長く伸びる。
学名は、Crepidomanes birmanicum
コケシノブ科アオホラゴケ属


2013年3月4日 八雲葉軸に翼がある。
ハイホラゴケ ハイホラゴケ ハイホラゴケ
裏側。葉軸に翼がある。
ハイホラゴケ ハイホラゴケ ハイホラゴケ
胞子嚢床は包膜から長く伸びる。長く伸びた胞子嚢床。包膜はラッパ状。
ハイホラゴケ ハイホラゴケ ハイホラゴケ
胞子嚢群。胞子嚢。
ハイホラゴケ ハイホラゴケ ハイホラゴケ



2008年12月27日 八雲矢谷ソーラスの包膜はラッパ状。
ハイホラゴケ ハイホラゴケ ハイホラゴケ

葉柄から中軸に翼がある。
ハイホラゴケ ハイホラゴケ ハイホラゴケ
ハイホラゴケ
2008年9月27日 八雲市場
ハイホラゴケ ハイホラゴケ ハイホラゴケ

葉軸には翼がある。
ハイホラゴケ ハイホラゴケ ハイホラゴケ
2008年8月24日 宍道
ハイホラゴケ ハイホラゴケ ハイホラゴケ
ハイホラゴケ ハイホラゴケ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑