ハハコグサ(母子草)

多年草
日本全土の道端や畑などに普通に見られる。高さ15〜40cm。古代に朝鮮半島を経て入ってきたと考えられている。全体に綿毛におおわれ、白っぽく見える。根生葉は花のころは枯れる。茎葉は長さ2〜6cm、幅0.4〜1.2cmのへら形または倒披針形。茎の先は短く枝分かれし、枝先に黄色の小さな頭花を多数つける。両性花のまわりに細い雌花がある。花柱は花冠より短い。総苞は長さ約3mmの球状鐘形。総苞片は乾膜質で淡黄色。そう果は長さ約0.5mmの長楕円形。冠毛は長さ約2mm。花期は4〜6月。(野に咲く花)
学名は、Pseudognaphalium affine
キク科ハハコグサ属

似たものに秋に咲くアキノハハコグサがあるが、ハハコグサも秋に咲くものがある。アキノハハコグサは葉の基部が茎を抱き、線形、上面は緑色である。
ハハコグサの仲間


2014年5月4日 佐草頭花の中心に数個の両性花があり、周囲を雌花が囲む。
ハハコグサ花 ハハコグサ花 ハハコグサ花
頭花は長さ約3.5mm。5裂した両性花を3裂した雌性花が囲む。
ハハコグサ花 ハハコグサ花 ハハコグサ花
両性花(上)と雌性花(下)。両性の筒状花は5裂する。雌性の筒状花は3裂し、細い。
ハハコグサ花 ハハコグサ花 ハハコグサ花
葉は長さ約4cm。綿毛が多い。
ハハコグサ葉 ハハコグサ葉 ハハコグサ葉
裏面は綿毛で白く見える。
ハハコグサ葉裏面 ハハコグサ葉裏面 ハハコグサ
花期には根生葉は枯れる。
ハハコグサ ハハコグサ



2012年6月26日 西長江果実のとれた冠毛。
ハハコグサ花 ハハコグサ冠毛 ハハコグサ花
果実は長さ約0.6mm。
ハハコグサ果実 ハハコグサ葉 ハハコグサ葉
表面にも綿毛が多い。裏面は綿毛が多い。
ハハコグサ葉 ハハコグサ葉裏面 ハハコグサ葉裏面
ハハコグサ茎 ハハコグサ
2012年5月16日 大井中央に両性花がある。
ハハコグサ花 ハハコグサ花 ハハコグサ花
葉の両面に綿毛が密生する。
ハハコグサ花 ハハコグサ葉 ハハコグサ葉
ハハコグサ葉裏面 ハハコグサ花 ハハコグサ
ハハコグサ ハハコグサ
2010年6月6日 玉湯
ハハコグサ花 ハハコグサ花 ハハコグサ葉
ハハコグサ
2010年4月29日 玉湯両性花の周りに細い雌花がある。
ハハコグサ花 ハハコグサ花 ハハコグサ花


根元で枝分かれする。
ハハコグサ葉 ハハコグサ茎 ハハコグサ
ハハコグサ
2014年6月15日 果実と冠毛 東忌部冠毛は長さ約2mm。
ハハコグサ果実 ハハコグサ果実 ハハコグサ果実
果実は長さ約0.5mm。果実の表面に乳頭状突起がある。
ハハコグサ果実 ハハコグサ果実 ハハコグサ果実
総苞は平開し果実が出たあと。
ハハコグサ果実 ハハコグサ果実 ハハコグサ総苞
ハハコグサ花序 ハハコグサ ハハコグサ
2012年3月14日 ロゼット葉 東忌部葉の表裏ともクモ毛に覆われる。
ハハコグサ ロゼット葉 ハハコグサ葉 ハハコグサ葉
ハハコグサ葉裏面 ハハコグサ葉裏面 ハハコグサ ロゼット葉
ハハコグサ ロゼット葉
2006年11月25日 ロゼット葉 佐草
ハハコグサ ロゼット葉 ハハコグサ ロゼット葉
2004年12月18日 ロゼット葉 玉湯
ハハコグサ ロゼット葉 ハハコグサ ロゼット葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。