ゴボウ(牛蒡)

越年草
ユウラシア原産。食用として栽培されるが、路傍などに野性化する。茎は分枝し、150cm程度。根生葉は叢生し長い柄があり、心臓形で波打つ。葉の長さは40cm内外、暗緑色で、葉裏に綿毛が密生する。分枝した茎先に径40〜45mmで球形の多くの頭花を付け、淡紫色(稀に白色)の筒状花の集合体。総苞はイガ状の細い棘が広がり、先端が鉤状になる。花期は7〜8月。
学名は、Arctium lappa
キク科ゴボウ属


2008年8月15日 上乃木
ゴボウ ゴボウ ゴボウ
ゴボウ ゴボウ



2012年9月6日 果実 美保関総苞を含めて直径約4cm。
ゴボウ ゴボウ ゴボウ
果実の縦断面、種子がある。種子は長さ約6mm。刺の先端はカギ状に曲がる。
ゴボウ ゴボウ ゴボウ
ゴボウ ゴボウ ゴボウ
ゴボウ
2008年12月7日 果実 上乃木刺の先端が鈎状に曲がる。
ゴボウ ゴボウ ゴボウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑