ギシギシ(羊蹄)

多年草
北海道〜沖縄の道ばたや田畑のあぜに最も普通な雑草である。茎は直立し高さは60〜100cm。葉は下部にむらがり、長柄があり、長楕円形で鈍頭、基部は少し心形か円いかまたはくさび形、長さ10〜25cm、縁は波状、両面無毛または下面に小さいかたい毛が脈に沿ってある。花は狭い円錐花序に多数つく。果実をとりまく内花被片は花後大きくなり心円形、長さ4〜5mm、幅4.5〜7mm、縁に歯牙がある。中肋は瘤状に膨れる。外花被片は小さく、果実にそって開出、反り返っていない。果柄に節がある。果実は3稜形で長さ2.5mm。花期は6〜8月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Rumex japonicus
タデ科ギシギシ属
似たものの比較。


2003年10月4日 乃白若い果実
ギシギシ花 ギシギシ ギシギシ果実
ギシギシ
2011年6月9日 若い果実 八雲内花被片に鋸歯がある。内花被片は3枚ある。
ギシギシ果実 ギシギシ果実 ギシギシ果実
ギシギシ果実 ギシギシ果実 ギシギシ
上部の葉は葉柄が短い。下部の葉の縁は波打つ。
ギシギシ葉 ギシギシ葉 ギシギシ葉裏面
下部の葉の葉柄は長い。
ギシギシ茎 ギシギシ ギシギシ



2005年6月7日 若い果実 乃白 内花被片のふちは鋸歯がある。葉の基部は円形、ふちは波打つ。
ギシギシ果実 ギシギシ果序 ギシギシ葉
ギシギシ
2015年6月21日 果実 島根果実を包む内花被片は長さ約5.5mm。内花被片の縁には鋸歯がある。
ギシギシ果実 ギシギシ果実 ギシギシ果実
3個の瘤体が発達する。内花被片の中に果実が1個ある。果実は長さ約2.5mm。
ギシギシ果実 ギシギシ果実 ギシギシ果実
果実の先端に3個の柱頭が残る。
ギシギシ果実 ギシギシ ギシギシ
2014年11月24日 果実 美保関内花被片の縁は鋸歯がある。
ギシギシ果実 ギシギシ果実 ギシギシ果実
内花被片は長さ約4mm。内花被片の中央は瘤状に膨れる。
ギシギシ果実 ギシギシ果実 ギシギシ果実
内花被片は3枚が合わさっている。先端から見ると3個が合わさっている。
ギシギシ果実 ギシギシ果実 ギシギシ果実
内花被片をはずすと中に1個の果実がある。果実は3稜があり、長さ2.5〜3mm。
ギシギシ果実 ギシギシ果実 ギシギシ果実
果実の稜に狭い翼がある。瘤の横断面、コルク質が詰まっている。
ギシギシ果実 ギシギシ果実 ギシギシ果序
葉の縁は波をうち、基部は心形。
ギシギシ果序 ギシギシ葉 ギシギシ葉
ギシギシ
2007年2月4日 ロゼット葉 城山公園
ギシギシ ギシギシ ギシギシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑