ギンレイカ(銀鈴花)

多年草
本州〜九州の山の木陰に生える。茎は直立分枝して稜角があり、高さ30〜60cm。葉は薄く無毛で長さ6〜15cm、幅1.5〜4cm、両端細くとがり基部は1〜3cmの葉柄に次第に移行し、裏面には紫褐色の点があり、ふちに近く紫褐色の腺体がある。花は総状花序につき、小花柄は長さ5〜8mmで下に湾曲し、果時には1.5〜2cmとなって斜上する。萼は5深裂し裂片は披針形で鋭尖頭。花冠は白色、5裂してやや直立し平開しない。雄しべは5本。さく果は球形で直径4〜5mm、熟すと先は5裂する。種子は小さく多数。花期は6〜7月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Lysimachia acroadenia
サクラソウ科オカトラノオ属


2013年7月1日 島根花はほとんど開かない。
ギンレイカ花 ギンレイカ花 ギンレイカ花
花は長さ約5mm。若い果実。
ギンレイカ花 ギンレイカ果実 ギンレイカ果実
若い果実は直径約5mm。果実の横断面。果実の縦断面。
ギンレイカ果実 ギンレイカ果実 ギンレイカ果実
未熟な種子は長さ約1mm。未熟な種子。
ギンレイカ種子 ギンレイカ種子 ギンレイカ種子
葉身は長さ約7cm。
ギンレイカ葉 ギンレイカ葉 ギンレイカ葉裏面
裏面には紫褐色の細点がある。茎には稜がある。
ギンレイカ葉裏面 ギンレイカ茎 ギンレイカ
ギンレイカ ギンレイカ



2013年6月3日 花は平開しない。 島根花は長さ約6mm。蕾から花柱が飛び出す。
ギンレイカ花 ギンレイカ花 ギンレイカ蕾
上部で枝を分ける。
ギンレイカ花序 ギンレイカ花序 ギンレイカ葉
葉は葉柄を含めて長さ約11cm。表面はほぼ無毛。
ギンレイカ葉 ギンレイカ葉 ギンレイカ葉裏面
葉の裏面に紫色の細点が多数ある。茎は無毛、稜がある。
ギンレイカ葉裏面 ギンレイカ茎 ギンレイカ
ギンレイカ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑