ゲッケイジュ(月桂樹)

常緑高木
地中海沿岸原産。高さ12mに達する。樹皮は灰色で皮目が多い。新枝は緑色で、紫褐色を帯びる。葉は互生。葉身は長さ7〜9cm、幅2〜3.5cmの長楕円形〜狭楕円形。先端はとがり、基部はくさび形。かたい革質で、ふちは波打つ。葉柄は1cm以下で、赤褐色を帯びる。雌雄別株。日本に雌株は少ない。葉腋に淡黄色の小さな花が集まってさく。花被片は4個、雄花では長さ約3.5mmの楕円形、雌花はやや小さい。雄花の雄しべは8〜12個。雌花には雌しべ1個と仮雄しべが4個ある。雄花の内側の雄しべと雌花の仮雄しべの内側に黄色の腺体がつく。果実は液果。長さ8〜10mmの楕円形で、10月に暗紫色に熟す。種子は球形。花期は4月。別名 ローレル(英)、ローリエ(仏)
冬芽の葉芽は卵形で先端はややとがる。花芽は球形で柄がある。(樹に咲く花)
学名は、Laurus nobilis
クスノキ科ゲッケイジュ属


2015年4月21日 雌花 植裁 玉湯雌しべと4個の黄色い腺体がある。
ゲッケイジュ雌花 ゲッケイジュ雌花 ゲッケイジュ
ゲッケイジュ ゲッケイジュ
2011年2月23日 冬芽 植裁 玉湯
ゲッケイジュ ゲッケイジュ ゲッケイジュ
ゲッケイジュ ゲッケイジュ ゲッケイジュ
2015年11月21日 葉の表面 植裁 玉湯葉脈の基部に膨らみがある。葉の裏面、葉脈の基部に毛叢がある。
ゲッケイジュ ゲッケイジュ ゲッケイジュ
ゲッケイジュ
2012年2月8日 葉の表面 植裁 玉湯葉脈の基部に膨らみがある。
ゲッケイジュ ゲッケイジュ
葉の裏面 葉脈の基部に毛叢がある。
ゲッケイジュ ゲッケイジュ ゲッケイジュ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑