ゲジゲジシダ(蚰蜒羊歯)

夏緑性シダ植物
北海道〜九州の低地の山野に生える。葉柄はわら色で毛が多く、基部に線状三角形、褐色の鱗片がつく。葉身は1回羽状複葉で、上下に向かって幅が狭まる。羽片は両面ともに毛が生え、基部は中軸に流れてつき、下側は三角状の翼となる。ソーラスは円形で中肋と辺縁の中間につき、包膜はない。
学名は、Thelypteris decursivepinnata
ヒメシダ科ヒメシダ属


2008年7月13日 八雲市場
下部の羽片は小さくなる
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ
羽片基部下側は三角状の翼となる。ソーラスは円形で、包膜はない。
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ

葉柄基部は毛が多い。
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ



2008年8月2日 八雲
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ
2008年8月24日 羽片基部の三角状の翼がはっきりしないが他の特徴から判断した。 宍道
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ
2009年7月18日 毛やソーラスの様子から判断した。 八雲須谷
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ
葉面に毛が多く、ソーラスには包膜はない。羽片表面の脈上の毛。羽片裏面の脈上の毛。
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ
ゲジゲジシダ ゲジゲジシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑