ガンピ(雁皮)

落葉低木
北陸・東海地方以西〜九州の日当たりの良い砂質地や岩石地に生え、蛇紋岩地に多い。高さ1〜2mになる。樹皮は濃褐色で光沢があり、サクラの樹皮に似ている。本年枝には伏した絹毛が密生する。ふつう側枝を分けないが、ときに花のあとに側枝をだすことがある。葉は互生。2列に並ぶ。葉身は長さ1.5〜8cm、幅1〜4cmの卵形。縁は全縁。両面とも伏した絹毛がある。裏面は灰白色で毛も多い。葉柄は短い。本年枝の先に頭状花序を出し、淡黄色の花を7〜20個つける。萼筒は長さ約8mm、先は4裂し、外面には伏毛が密生する。萼片は楕円形で長さ3〜4mm。果実は乾いた核果。長さ5〜6mm、長毛が生え、枯れた萼筒に包まれる。核は長さ約4mmの紡錘形で黒色。花期は5〜6月。
 冬芽は、葉痕の下に隠れて見えない。葉痕は半円形またはハート形。(樹に咲く花)
学名は、Diplomorpha sikokiana
ジンチョウゲ科ガンピ属


2012年5月26日 法吉花が10数個集まってつく。花弁に見えるのは萼片。
ガンピ花 ガンピ花 ガンピ花
葉身は長さ約4.7cm。
ガンピ ガンピ ガンピ葉
葉の両面とも伏した絹毛が密生する。
ガンピ葉 ガンピ葉裏面 ガンピ樹皮
ガンピ



2015年8月19日 果実 東出雲果実は毛の多い萼に包まれる。
ガンピ果実 ガンピ果実 ガンピ果実
果実を包んだ萼は長さ約10mm。萼が裂けて果実が見えている。果実にも毛が多く、長さ約5mm。
ガンピ果実 ガンピ果実 ガンピ果実
中に核が1個ある。核は紡錘形、長さ約4mm。核の片側に縦線がある。
ガンピ果実 ガンピ果実 ガンピ果実
核の反対側に線はない。
ガンピ果実 ガンピ果実 ガンピ果実
2011年11月16日 果実 法吉果実は毛の多い萼に包まれる。
ガンピ果実 ガンピ果実 ガンピ果実
葉身は長さ約5.3cm。伏した絹毛がある。
ガンピ葉 ガンピ葉 ガンピ葉
裏面には毛が多い。本年枝には毛が多く、冬芽は葉痕の中にあり毛だけ見える。
ガンピ葉裏面 ガンピ枝、冬芽 ガンピ樹皮
ガンピ
2015年6月17日 若い果実 東出雲
ガンピ果実 ガンピ果実 ガンピ
ガンピ
2014年10月23日 黄葉 東出雲葉身は長さ約3.8cm。
ガンピ黄葉 ガンピ黄葉 ガンピ黄葉
裏面には伏毛が多い。本年枝は毛が多く、冬芽は葉痕の中にある。
ガンピ黄葉裏面 ガンピ黄葉裏面 ガンピ冬芽
ガンピ ガンピ ガンピ樹皮
ガンピ
2012年4月2日 冬芽 法吉
ガンピ冬芽 ガンピ冬芽 ガンピ冬芽
ガンピ ガンピ樹皮 ガンピ
2013年9月26日 東出雲
ガンピ葉 ガンピ葉 ガンピ葉
ガンピ葉裏面 ガンピ枝 ガンピ樹皮
ガンピ
2012年9月20日 東出雲葉は長さ約5cm。
ガンピ葉 ガンピ葉 ガンピ葉
表面の伏毛。
ガンピ葉 ガンピ葉 ガンピ葉裏面
裏面には伏毛が密生する。冬芽。本年枝には毛が多い。
ガンピ葉裏面 ガンピ葉裏面 ガンピ冬芽
樹皮はサクラに似る。
ガンピ樹皮 ガンピ
2013年8月6日 東出雲
ガンピ葉 ガンピ葉 ガンピ葉裏面
ガンピ葉裏面 ガンピ枝 ガンピ樹皮
ガンピ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑