ガガブタ(鏡蓋)

多年草
本州〜九州の池や沼に生える水草。茎は細長く、水底の泥中にひげ根を下ろす。葉は水面に浮かび、直径7〜20cmの卵状円形。葉腋から花柄を多数だし、中心部が黄色の白い花を水面に開く。花冠は直径約1.5cmで5深裂し、裂片の内側には白く長い毛が生え、ふちは糸状に細かく裂ける。果実はさく果で長さ4〜5mmの楕円形。種子はふくらんだ広楕円形で光沢があり、なめらか。花期は7〜9月。(野に咲く花)
学名は、Nymphoides indica
ミツガシワ科アサザ属
 よく似たヒメシロアサザは花の縁にだけ白毛がある。


2014年9月11日 秋鹿花冠の内側に白長毛が密生する。
ガガブタ花 ガガブタ花 ガガブタ花
ガガブタ ガガブタ
2014年8月12日 秋鹿花冠の内側に白長毛が密生する。
ガガブタ花 ガガブタ花 ガガブタ花
夏から秋に殖芽が形成される。
ガガブタ花 ガガブタ花 ガガブタ殖芽
太く短い根が房状になった殖芽。
ガガブタ殖芽 ガガブタ ガガブタ



2014年6月24日 秋鹿葉は長さ約13cm。裏面は紫色を帯び、粒状の腺点がある。
ガガブタ葉 ガガブタ葉 ガガブタ葉裏面
粒状の腺点がある。短い葉柄の基部に花(蕾)がつく。
ガガブタ葉裏面 ガガブタ蕾 ガガブタ葉
ガガブタ ガガブタ
2014年11月4日 殖芽 秋鹿減水された溜池。
ガガブタ殖芽 ガガブタ殖芽 ガガブタ殖芽
2015年8月1日 秋鹿
ガガブタ ガガブタ ガガブタ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑