コウキヤガラ(小浮矢柄)

多年草
北海道〜九州の海岸の湿地に生える。匍匐根茎があり、先端に塊茎を生じる。稈は高さ40〜100cm、横断面は3稜形、基部は少し肥厚する。葉は幅2〜5mm。花序は1〜6個の小穂をつけ、頭状となる。苞葉の葉身は葉状で1〜3枚が花序より長い。小穂は卵形、長さ8〜15mm、光沢のある赤褐色。鱗片は膜質、長さ7〜9mm、楕円形、細毛があり、凹頭、中肋は細く先は突出し、少し反曲する長さ1〜2mmの芒となる。そう果は長さ3.5〜4mm、広倒卵形、黄褐色、横断面は平凸レンズ形で中央部が少しくぼむ。刺針状花被片は2〜4本、脱落しやすく、長さはそう果の約1/2、下向きにざらつく。柱頭は2個、まれに3個。別名 エゾウキヤガラ。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Bolboschoenus koshevnikovii
カヤツリグサ科ウキヤガラ属


2015年4月22日 島根長い苞がある。
コウキヤガラ花序 コウキヤガラ花序 コウキヤガラ
コウキヤガラ花序 コウキヤガラ コウキヤガラ



2014年6月30日 島根花序柄のあるものとないものがある。
コウキヤガラ花序 コウキヤガラ花序 コウキヤガラ花序
小穂は長さ約1.5cm。鱗片は長さ約7mm、先は芒となる。鱗片の表面に細毛がある。
コウキヤガラ小穂 コウキヤガラ鱗片 コウキヤガラ鱗片
鱗片の先端は凹形。未熟な果実、柱頭は2岐する。果実は長さ約3mm。
コウキヤガラ鱗片 コウキヤガラ果実 コウキヤガラ果実
刺針状花被片は果実のほぼ半長。果実の中央部がやや凹む。
コウキヤガラ果実 コウキヤガラ果実 コウキヤガラ花序
葉は鞘がある。
コウキヤガラ葉鞘 コウキヤガラ コウキヤガラ
コウキヤガラ
2014年5月11日 福富
コウキヤガラ花序 コウキヤガラ花序 コウキヤガラ花序
花序の上部につく苞葉は長く、長さ約14cm。
コウキヤガラ花序 コウキヤガラ花序 コウキヤガラ花序
小穂は長さ約15mm。鱗片は長さ約7.5mm、先端は芒となる。表面に細毛がある。
コウキヤガラ小穂 コウキヤガラ鱗片 コウキヤガラ鱗片
表面の細毛。柱頭は2裂する。未熟な果実、刺針状花被片が2個ある。
コウキヤガラ鱗片 コウキヤガラ柱頭 コウキヤガラ刺針状花被片
花茎は長さ約45cm。休耕田に密生している。
コウキヤガラ コウキヤガラ
2013年5月22日 福富
コウキヤガラ コウキヤガラ コウキヤガラ
柱頭は2岐、鱗片に芒がある。
コウキヤガラ コウキヤガラ コウキヤガラ
刺針状花被片が3個ある。
コウキヤガラ コウキヤガラ コウキヤガラ
コウキヤガラ コウキヤガラ コウキヤガラ
2006年7月15日 末次
コウキヤガラ コウキヤガラ コウキヤガラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑