エゾノギシギシ(蝦夷の羊蹄)

多年草
ヨーロッパ原産。沖縄を除く各地に帰化している。道ばたや荒れ地に生え、高さ0.5〜1.3mになる。茎や葉柄、葉の中脈がしばしば赤みを帯びる。葉は長さ15〜30cmの卵状楕円形〜長楕円形で基部は心形。裏面の脈状には毛状の突起があり、ふちは細かく波打つ。茎の上部に総状花序を多数だし、淡緑色の小さな花を輪生状につける。花のあと内花被片3個は翼状になり、下部のふちに刺状の突起がある。中央部はこぶ状にふくれ、そう果を包んでいる。花期は6〜9月。(野に咲く花)
学名は、Rumex obtusifolius
タデ科ギシギシ属
似たものの比較。


2015年5月25日 宍道花は輪生状につき、下を向く。
エゾノギシギシ花 エゾノギシギシ花 エゾノギシギシ花
葯が開いていない蕾。6個の雄しべの葯が開いた花。直径約3mm。葯の落ちた花。
エゾノギシギシ蕾 エゾノギシギシ花 エゾノギシギシ花
内花被片3個、外花被片3個。内花被片の奥に子房がある。
エゾノギシギシ花 エゾノギシギシ花 エゾノギシギシ花
取り出した子房、花柱が3個ある。刺のある内花被片が果実を包んでいる。外側を向いた花被片の瘤体が大きくなる。
エゾノギシギシ子房 エゾノギシギシ果実 エゾノギシギシ果実
3個の内花被片が合わさって大きくなる。内花被片は長さ約6mm。
エゾノギシギシ果実 エゾノギシギシ果実 エゾノギシギシ果実
片側の瘤体だけが大きくなる。内花被片の中に果実がある。若い果実は長さ約2.5mm、花柱が残る。
エゾノギシギシ果実 エゾノギシギシ果実 エゾノギシギシ果実
エゾノギシギシ花序 エゾノギシギシ花序 エゾノギシギシ花序
茎の上部につく葉。下部の葉(上)葉身は長さ約20cm、上部の葉(下)
エゾノギシギシ葉 エゾノギシギシ葉 エゾノギシギシ葉裏面
茎の最下部につく葉。再下部の葉の葉身は長さ約30cm花期には根生葉は枯れている。
エゾノギシギシ葉 エゾノギシギシ葉 エゾノギシギシ
エゾノギシギシ
2011年6月15日 大平山毛状のものは雌しべの柱頭。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
果実 3個の内花被片が翼状になり、外側の中央部が瘤状になり、下部に突起がある。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
外側を向く花被片だけがコブ状に膨らむ。上部の葉は披針形。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
下部の葉は卵状楕円形、基部は心形。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
裏面の脈上に毛状の突起がある。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
花序のない別株。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
エゾノギシギシ



2005年6月25日 果実 内花被片に刺状の突起。 八雲
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
葉の基部は心形。葉の縁が細かく波うつ。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
2015年6月24日 果実 大海崎花被片の基部に鋭い刺状の突起がある。瘤体は外向きの花被片だけが発達する。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
果実を包んだ花被は長さ約4mm。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
花被片の鋭い刺状の突起。瘤体は1方だけが大きくなる。花被片の中に1個の果実がある。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
果実は3稜形で、長さ約2.6mm。果実の頂部に柱頭が残る。
エゾノギシギシ エゾノギシギシ エゾノギシギシ
エゾノギシギシ エゾノギシギシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑