エノキグサ(榎草)

1年草
日本全土の畑や道ばたなどに生える。高さ30〜50cm。葉は互生し、長さ3〜8cmの長楕円形〜広披針形で鈍い鋸歯があり、先はやや尖る。花序は葉腋につき、上部に小さな雄花が穂状につき、基部に編笠状の総苞に抱かれた雌花がつく。雄花は小さく、8個の雄しべが膜質の花被に包まれ、開花すると花被は4裂する。雌花の花被は深く3裂し、軟毛が多い。子房は球形で、表面には小さい突起と軟毛が密生し、果期にも残る。花柱は3個で、先端が糸状に裂ける。さく果は直径約3mmの球形で、中に直径1.5mmぐらいの種子が3個入っている。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Acalypha australis
トウダイグサ科エノキグサ属
参考雌花図 中国植物誌


2014年9月8日 東忌部総苞の中に1〜4個の雌花がある。
エノキグサ花序 エノキグサ花序 エノキグサ花序
雌花(左)と若い果実。花柱を伸ばしている雌花。子房を包んだ3個の花被。
エノキグサ花 エノキグサ花 エノキグサ花
花被を広げてみた。3個の花柱の先は糸状に裂ける。取り外した花柱。
エノキグサ花 エノキグサ花 エノキグサ花
まだ花柱が伸びていない雌花(上)。子房は3個の花被に包まれている。花被を1個ずらすと子房が見える。
エノキグサ花 エノキグサ花 エノキグサ花
花柱が4個あるものは子房も4室ある。果実の基部に花被が3個ある。
エノキグサ花 エノキグサ花 エノキグサ
2012年9月2日 打出葉状の総苞の上に雌花がつき、雄花は穂状につく。
エノキグサ花序 エノキグサ花序 エノキグサ花序
子房が4室のものがある。穂状の雄花序
エノキグサ雌花 エノキグサ花序 エノキグサ雄花序
子房は球形で3室に分かれ、中心部に花柱がつく。
エノキグサ雌花 エノキグサ葉 エノキグサ葉裏面
エノキグサ茎 エノキグサ エノキグサ
エノキグサ



2010年9月11日 八雲
エノキグサ花序 エノキグサ雄花序 エノキグサ葉
エノキグサ葉裏面 エノキグサ茎 エノキグサ
2005年9月25日 直立しているのが雄花で葉状の苞に包まれているのが雌花。 宍道2004年8月14日 上乃木
エノキグサ花序 エノキグサ花序 エノキグサ花序
2008年10月4日 雌花 西川津
エノキグサ雌花 エノキグサ雌花 エノキグサ葉
エノキグサ エノキグサ
2014年9月2日 果実 大庭果実が4室に分かれるものもある。
エノキグサ果実 エノキグサ果実 エノキグサ果実
総苞は長さ約1.5cm。果実は直径約4mm。毛が多く、中央に花柱が残る。
エノキグサ果実 エノキグサ果実 エノキグサ果実
果実の1室に1個の種子が入る。種子は長さ約1.8mm。
エノキグサ果実 エノキグサ種子 エノキグサ種子
種子は種枕がつく。
エノキグサ種子 エノキグサ種子 エノキグサ
エノキグサ エノキグサ
2012年9月27日 果実 大海崎
エノキグサ果実 エノキグサ果実 エノキグサ花序
雄花穂の上に雌花がついている。果実は直径約3mm、中心に花被が残る。種子は長さ約1.5mmで、3個入る。
エノキグサ雄花 エノキグサ果実 エノキグサ種子
エノキグサ エノキグサ
2011年11月2日 果実 東長江
エノキグサ果実 エノキグサ果実 エノキグサ果実
3個の種子がある。葉は長さ約5cm。
エノキグサ果実 エノキグサ果実 エノキグサ葉
エノキグサ葉 エノキグサ葉裏面 エノキグサ
エノキグサ エノキグサ エノキグサ
2004年7月25日 上乃木
エノキグサ エノキグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑