エンジュ(槐)

落葉高木
中国原産。古くから庭木や街路樹として植栽されている。高さは20mほどになる。樹皮は暗灰褐色で縦に割れ目が入る。内皮は黄色で臭気がある。枝は緑色〜暗緑褐色。葉は互生。長さ15〜25cmの奇数羽状複葉。4〜7対の小葉が対生または互生する。小葉は長さ2.5〜6cmの卵形で、裏面は白色を帯び、短毛が生える。枝先に長さ約30cmの円錐花序を出し、黄白色の蝶形花をつける。雄しべは全て離生する。果実は豆果。長さ4〜7cmで数珠状にくびれる。肉質で裂開しない。種子は長さ7〜9mm。花期は7〜8月。
冬芽は半ば葉痕に隠れ、表面に暗褐色の毛が生える。葉痕はU字形〜V字形で、維管束痕は3個。葉痕の両肩に托葉痕がある。(樹に咲く花)
学名は、Sophora japonica
マメ科クララ属


2011年8月16日 植栽 意宇旗弁の中央部が黄色を帯びる。
エンジュ エンジュ エンジュ
大きな円錐花序をつくる。
エンジュ エンジュ エンジュ
小葉は対生したり互生する。
エンジュ エンジュ エンジュ
小葉の裏面は白色を帯び有毛。
エンジュ エンジュ エンジュ
葉柄基部に托葉がある。冬芽は葉痕に隠れる。
エンジュ エンジュ エンジュ
樹皮は縦に割れ目が入る。
エンジュ エンジュ エンジュ
エンジュ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑