エニシダ(金雀枝)

落葉低木
ヨーロッパ原産、斜面の緑化や砂防樹に用いられ、ときに河原や崩壊地に野生化していることもある。高さ1〜2mになる。葉は互生。ふつう3出複葉、ときに1小葉に退化している。前年枝の葉腋に長さ約2cmの黄色の蝶形花が1個ずつつく。翼弁に赤いぼかしの入った品種をホオベニエニシダという。果実は豆果。長さ4〜5cm。8〜10月に黒褐色に熟す。花期は4〜5月。(樹に咲く花)
学名は、Cytisus scoparius
マメ科エニシダ属
よく似たヒメエニシダは、本年枝の枝先に伸びた穂状花序に花を多数つける。


2008年5月4日 玉湯花は前年枝の葉腋に1個づつつく。
エニシダ エニシダ エニシダ
エニシダ エニシダ エニシダ
エニシダ



2015年8月4日 果実 玉湯果実は長さ約4.5cm。
エニシダ果実 エニシダ果実 エニシダ果実
種子は長さ約3.5mm。
エニシダ種子 エニシダ種子 エニシダ種子
エニシダ エニシダ
2005年6月4日 玉湯若い果実縁に毛が多い。
エニシダ エニシダ エニシダ
エニシダ エニシダ
2005年6月12日 果実 玉湯果実は黒く熟し、縁に毛が多い。
エニシダ エニシダ エニシダ
2010年2月7日 冬芽 玉湯
エニシダ エニシダ エニシダ
エニシダ エニシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑