エンドウ(豌豆)

1年草
中央アジアから地中海沿岸が原産で広く栽培され、食用となっている。一般に、エンドウマメとも。グリンピース(未熟の種子を食用とする場合の呼び方)、サヤエンドウ(未熟の莢を食用とする場合の呼び方)と呼ばれる。
さやの硬さにより、硬莢種(こうきょうしゅ) P. s. ssp. arvense と軟莢種(なんきょうしゅ)P. s. ssp.hortense がある。硬莢種はその名のとおり莢(さや)が固く、主として完熟して乾燥した豆を収穫して利用する。花は紅色である。軟莢種は莢が柔らかく、未熟な莢をサヤエンドウとして利用したり、成長を終えて乾燥前の生の豆をグリーンピースとして利用する。花は白いものが多い。 花期 3〜5月
学名は、Pisum sativum
マメ科エンドウ属


2009年5月9日 硬莢種 玉湯
エンドウ エンドウ エンドウ
エンドウ
軟莢種
エンドウ エンドウ エンドウ
エンドウ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑