エビスグサ(夷草)

1年草
熱帯アメリカ原産。江戸時代に中国より薬用として渡来し、本州〜南西諸島の畑地、樹園地、牧草地、道ばたなどに生育する。茎は直立、分枝があり高さは50〜200cm。葉は互生、偶数羽状複葉を形成し、小葉は2〜4対で3対が多く、倒卵形〜楕円形で長さ3〜4cm、葉柄上に1個の蜜腺がある。花は葉腋から伸びた10〜20mmの花柄に1〜2個つける。萼は長卵形。花弁は倒卵形で黄色、左右相称。果実は豆果、円柱形で長さが約15cm、25〜30個の種子を入れる。種子は菱形で長さ5mm、茶褐色。種子繁殖する。花期は夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Senna obtusifolia
マメ科センナ属
 よく似たハブソウは小葉が狭卵形で先が尖り、花が横向きに開く。


2015年8月27日 美保関
エビスグサ花 エビスグサ エビスグサ
花は長さ約1.7cm。花弁は長さ約1.7cm。
エビスグサ花 エビスグサ エビスグサ
花弁を除いた。雌しべは曲がっている。葉腋の短い花柄から2個の小花柄をのばし花をつけている。
エビスグサ花 エビスグサ エビスグサ
花弁の落ちた若い果実。小葉柄基部の蜜腺に蟻がきている。
エビスグサ果実 エビスグサ蜜腺 エビスグサ
エビスグサ



2011年10月19日 美保関若い果実
エビスグサ花 エビスグサ エビスグサ果実
果実は長さ約8cm。若い種子は長さ約6mm。
エビスグサ果実 エビスグサ果実 エビスグサ種子
小葉の柄の基部に突起状の蜜腺がある。
エビスグサ葉 エビスグサ葉 エビスグサ葉裏面
エビスグサ茎 エビスグサ エビスグサ
2010年9月11日 八雲
エビスグサ花 エビスグサ花 エビスグサ花
線形で長い果実。小葉の柄の基部に突起状の蜜腺がある。
エビスグサ果実 エビスグサ葉 エビスグサ葉
葉柄の基部に線形の托葉がある。
エビスグサ茎 エビスグサ
2005年9月24日 畑に野生 上乃木
エビスグサ花 エビスグサ花
2005年8月13日 畑に野生 上乃木
エビスグサ エビスグサ エビスグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑