デワノタツナミソウ(出羽の立浪草)

多年草
本州(近畿地方以北)の主として日本海側にみられる。やや湿った林地に生育する多年草。茎は長く這った地下茎から立ち上がり、高さ10〜30cm。茎の毛は少なくて短い下向きの毛。葉は卵形から3角状卵形、下部のものは時に卵心形。数個の波状歯があって、先端は鈍く、基部は広いくさび形。長さ2〜3.5cmで表面はまばらに毛があ り、裏面も脈上に細毛がある。葉の裏面に腺点がある。花穂は3〜5cm、花冠は紫色で長さ15〜18mm、下唇には紫斑が無い。花期は5〜6月。
学名は、Scutellaria muramatsui
シソ科タツナミソウ属


ホクリクタツナミソウに変更しました。


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑