ダンコウバイ(壇香梅)

落葉低木
関東地方・新潟県以西〜九州の山地の落葉樹林内や林縁に生える。高さ2〜6mになる。幹は叢生し、球形〜広卵形の樹形をつくる。樹皮は暗灰色。円形の皮目が多い。新枝は黄緑色または黄褐色、赤褐色で太く、まばらに枝分かれする。2年枝は灰褐色で皮目が多い。葉は互生。葉身は長さ5〜15cm、幅4〜13cmの広卵形。ふつう上部は3裂し、裂片は鈍頭。ふちは全縁で、質はやや厚く、基部は切り形または浅いハート形。切れ込みのない小形の葉もまじる。表面には初め黄褐色を帯びた軟毛があるが、後に無毛。裏面は白色を帯び、脈上に淡褐色の長毛が密生する。葉柄は長さ5〜30mm。雌雄別株。葉の展開前に黄色の小さな花が散形状にまとまってつく。花序は無柄。雄花序は雌花序よりも大きく、花の数も多い。花自体も雄花のほうが大きい。花柄は長さ1.2〜1.5cmで、淡褐色の毛が密生する。花被片は楕円形で6個、雄花では長さ約3.5mm、雌花では長さ約2.5mm、ともに花のあと脱落する。雄花の雄しべは9個、葯は2室。雌花には雌しべ1個と葯が退化した仮雄しべが9個ある。雄花の雄しべと雌花の仮雄しべは外側に6個、内側に3個並び、内側の花糸の両側に黄色の腺体がつく。果実は液果。直径約8mmの球形で、9〜10月に赤色から黒紫色に熟す。果柄は長さ1.5〜2cm、先端はやや太くなる。種子は球形で淡褐色〜褐色、基部はへそ状にやや突出する。花期は3〜4月。
シロモジの葉も3裂して似ているが、シロモジは切れ込みの基部が丸くなる。
葉芽は楕円形。花芽は直径4〜6mmの球形で、秋から目立つ。葉痕は半円形。維管束痕は1個または3個。(樹に咲く花)
学名は、Lindera obtusiloba
クスノキ科クロモジ属


2013年3月24日 雄花 八雲花柄には毛が密生する。内側の花糸の基部に腺体がある。
ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ雄花
内側の花糸の基部に腺体がある。花序柄はない。
ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ葉芽
ダンコウバイ葉芽 ダンコウバイ枝 ダンコウバイ樹皮
ダンコウバイ ダンコウバイ ダンコウバイ



2014年4月7日 雄花 八雲花序は無柄。
ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ雄花
花は直径約8mm、花柄は約7mm。内側の花糸に腺体が2個つく。
ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ雄しべ
動き出した冬芽、毛が密生する。
ダンコウバイ腺体 ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ冬芽
ダンコウバイ ダンコウバイ
2013年4月1日 雄花 八雲花序は無柄。
ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ雄花 ダンコウバイ雄花
ダンコウバイ ダンコウバイ
2008年3月29日 雌花 八雲
大きくなった葉芽
ダンコウバイ雌花 ダンコウバイ雌花 ダンコウバイ葉芽
葉芽開き初めの花芽
ダンコウバイ葉芽 ダンコウバイ花芽 ダンコウバイ花序
ダンコウバイ花序
2012年8月30日 果実 大東
ダンコウバイ果実 ダンコウバイ果実 ダンコウバイ果実
ダンコウバイ葉 ダンコウバイ樹皮 ダンコウバイ
2007年8月12日 若い果実 八雲
ダンコウバイ果実 ダンコウバイ葉 ダンコウバイ葉裏面
花芽は球形。葉芽は楕円形。
ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ葉
ダンコウバイ樹皮 ダンコウバイ
2013年11月30日 冬芽 八雲
ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ花芽
ダンコウバイ黄葉 ダンコウバイ黄葉 ダンコウバイ
2013年2月28日 冬芽 宍道冬芽(葉芽)冬芽(花芽)
ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ冬芽
芽鱗がとれると毛が現れる。花芽は長さ約6mm。
ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ花芽 ダンコウバイ花芽
冬芽を割った内部。樹皮は皮目が多い。
ダンコウバイ花芽 ダンコウバイ枝 ダンコウバイ樹皮
倒木のため横たわっている。
ダンコウバイ倒木
2011年8月6日 八雲
ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ冬芽 ダンコウバイ冬芽
ダンコウバイ葉 ダンコウバイ葉
2009年6月21日 八雲
ダンコウバイ葉 ダンコウバイ葉裏面 ダンコウバイ葉
ダンコウバイ樹皮 ダンコウバイ ダンコウバイ
2011年7月13日 八雲
ダンコウバイ葉 ダンコウバイ葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑