ダンドボロギク(段戸襤褸菊)

1年草
北アメリカ原産。茎は柔らかく、高さ0.5〜1.5mになる。葉は長さ5〜40cmの線形または線状披針形で、ふちには不ぞろいの鋸歯があり、ときに羽状に裂ける。上部の葉は茎を抱く。茎の上部に円錐花序をだし、小さな頭花を上向きにつける。頭花はすべて細い筒状花からなり、花冠の先は淡黄色〜緑黄色、下部は白色。総苞は長さ1〜1.5cmで、総苞内片は1列にきれいに並ぶ。外片はごく小さい。冠毛はそう果から脱落しやすい。花期は9〜10月。(野に咲く花)
学名は、Erechtites hieracifolia
キク科タケダグサ属
似た花にベニバナボロギクがあり、頭花を下向きにつける。


2013年10月7日 島根花は筒状花だけ。
ダンドボロギク花 ダンドボロギク花 ダンドボロギク花
中心部に両性花、周囲に雌性花がある。頭花は長さ約1.8mm。筒状花は非常に細い。
ダンドボロギク花 ダンドボロギク花 ダンドボロギク筒状花
果実の冠毛。冠毛は長さ約1.2cm。
ダンドボロギク冠毛果実 ダンドボロギク冠毛果実 ダンドボロギク冠毛果実
果実と冠毛。果実は長さ約2.2mm、縦筋があり、間に毛がある。
ダンドボロギク冠毛果実 ダンドボロギク果実 ダンドボロギク葉
葉は長さ約11cm。短い葉柄がある。
ダンドボロギク葉 ダンドボロギク葉 ダンドボロギク葉裏面
裏面の脈上に短毛がある。茎はほとんど無毛、縦筋がある。
ダンドボロギク葉裏面 ダンドボロギク茎 ダンドボロギク



2011年9月18日 八雲
ダンドボロギク花 ダンドボロギク花 ダンドボロギク筒状花
ダンドボロギク ダンドボロギク ダンドボロギク葉
ダンドボロギク葉 ダンドボロギク
2010年9月11日 八雲
ダンドボロギク花 ダンドボロギク花 ダンドボロギク花序
ダンドボロギク葉 ダンドボロギク ダンドボロギク
2009年9月5日 玉湯
ダンドボロギク花 ダンドボロギク花序 ダンドボロギク花序
ダンドボロギク葉 ダンドボロギク茎 ダンドボロギク


蕾の総苞をとってみた。
ダンドボロギク ダンドボロギク蕾 ダンドボロギク蕾
ダンドボロギク葉 ダンドボロギク茎 ダンドボロギク
2005年9月24日 玉湯果実と冠毛花は上向きに咲く。
ダンドボロギク花 ダンドボロギク冠毛果実 ダンドボロギク花序
葉は細長くふぞろいの鋸歯がある。
ダンドボロギク葉 ダンドボロギク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑