ダイセンスゲ(大山菅)

多年草
本州(福井県以西)、九州北部の山地の落葉樹林内や林縁に生える。根茎は短く密に叢生する。基部の鞘は黒褐色で古いものが繊維に分解して残る。葉は有花茎と同長または長くなり、幅4〜6mm、深緑色、平滑で柔らかい。前年葉の中央には新しい無花茎がつき、有花茎はすべて腋生する。有花茎は高さ20〜40cm、平滑でやわらかい。頂小穂は雄性、線柱形で長さ2〜3cm、幅1.5〜2mm、緑白色。側小穂は2〜4個、たがいに離れてつき、雌性、細円柱形で直立し、長さ1〜2.5cm。苞は有鞘、葉身は小穂と同長またはやや短い。雌鱗片は緑白色、倒卵形で長さ3〜3.5mm、鋭頭で微凸端。果胞は長さ3.5〜4.5mm、有脈で有毛、嘴はやや長く、口部は2歯となる。果実は長さ2〜2.5mm、頂部は環状の付属体になる。柱頭は3岐。果期は4〜6月。(日本のスゲ)
学名は、Carex daisenensis
カヤツリグサ科スゲ属ヌカスゲ節


2014年4月26日 大東
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
雄小穂は長さ約3.5cm。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
雄鱗片は長さ約4.5mm。雌小穂は長さ約1.5cm。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
柱頭は3裂し、雌鱗片は果胞より短い。果胞は長さ約3.5mm、嘴は長い。雌鱗片は長さ約約2.7mm、側面は白色。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
雌鱗片の先は短い芒となる。嘴は長く、口部は2歯がある。果胞には短毛がある。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
果実は長さ約2mm、3稜がある。花柱基部は短い円柱状。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
苞は有鞘。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
花茎は長さ約37cm。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
葉の幅は約5mm。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
ダイセンスゲ ダイセンスゲ



2014年5月1日 玉湯雄小穂は細く長い。
ダイセンスゲ花序 ダイセンスゲ花序 ダイセンスゲ雌小穂
雄小穂は細く長く、長さ約4cm。雌小穂は長さ約2.5cm
ダイセンスゲ花序 ダイセンスゲ花序 ダイセンスゲ雌小穂
柱頭は3岐する。雌鱗片は果胞より短い、側面は白色。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
雌鱗片は長さ約3mm、芒はない。果胞は有毛、長さ約4mm、嘴が長い。果胞の口部は2歯がある。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
果実は長さ約2.5mm。果実の頂部に短い柱状の付属体がある。葉の幅は約3mm。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
花茎は長さ約50cm。
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
ダイセンスゲ ダイセンスゲ
2014年5月25日 西忌部
ダイセンスゲ花序 ダイセンスゲ花序 ダイセンスゲ花序
雌小穂は離れてつく。雄小穂は長さ約2.5cm。雄小穂の鱗片、側面は白色。
ダイセンスゲ花序 ダイセンスゲ雄小穂 ダイセンスゲ雄鱗片
下部の雌小穂には長い柄がある。雌小穂は長さ約2cm。雌鱗片は果胞より短い。
ダイセンスゲ雌小穂 ダイセンスゲ雌小穂 ダイセンスゲ果胞
果胞は長さ約4.5mm。果胞は有毛。雌鱗片は長さ約3mm、芒はない。
ダイセンスゲ果胞 ダイセンスゲ果胞 ダイセンスゲ果胞
果胞の口部は2歯がある。未熟な果実は3稜があり、長さ約2.5mm。果実の頂部に柱状の付属体がある。
ダイセンスゲ果胞 ダイセンスゲ果実 ダイセンスゲ果実
葉の幅は約4mm。
ダイセンスゲ葉 ダイセンスゲ葉裏面 ダイセンスゲ葉
苞は小穂とほぼ同長、有鞘。花茎は長さ約30cm。
ダイセンスゲ苞鞘 ダイセンスゲ苞鞘 ダイセンスゲ
ダイセンスゲ ダイセンスゲ ダイセンスゲ
ダイセンスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑