ダールベルグデージー

多年草
テキサス州、メキシコ原産で、暑さや乾きに強い。葉は細く羽状に深裂する。黄色の直径約15㎜の頭花を長い枝先につける。周囲の舌状花は8~13個程度、中央の筒状花は多数。痩果は長さ3~4㎜の細いくぎのような形、黒色、有毛。冠毛は下半部に幅があり、褐色を帯びる。別名ティモフィラ。花期は5〜10月。(三河の植物観察)
学名は、Thymophylla tenuiloba
キク科ティモフィラ属



2017年5月11日 玉湯舌状花は雌性、筒状花は両性花。

ダールベルグデージー花

ダールベルグデージー花

ダールベルグデージー葉

ダールベルグデージー




2017年5月8日 玉湯筒状花は多数で、舌状花が20個ほどある。葉は深裂する。

ダールベルグデージー花

ダールベルグデージー花

ダールベルグデージー葉

葉の裂片の先は尖っている。

ダールベルグデージー葉

ダールベルグデージー茎

2017年5月6日 庭に生えてきた 蕾 玉湯筒状花は多数で、舌状花が20個ほどある。

ダールベルグデージー花

ダールベルグデージー花

ダールベルグデージー総苞

長い花柄の先に1個の頭花をつける。葉は羽状に深裂し、裂片は細く尖る。

ダールベルグデージー

ダールベルグデージー葉

ダールベルグデージー葉

蕾。

ダールベルグデージー蕾

ダールベルグデージー

ダールベルグデージー

ダールベルグデージー

ダールベルグデージー



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑