ブタナ(豚菜)

多年草
ヨーロッパ原産。1933年に札幌ではじめて気づかれ、その後各地に帰化しているのがわかった。葉は全て根生し、分裂しないものから羽状に深裂するものまで変化がある。花茎は高さ50cm以上になり、上部で1〜3個枝分かれする。花茎の途中には退化して鱗片状になった葉がある。頭花は黄色で径3〜4cm。総苞片の背面に白色の毛が1列になって生えている。そう果には刺状の突起が密生し、先は長いくちばし状に伸びる。冠毛は羽毛状。花期6〜9月。(野に咲く花)
学名は、Hypochaeris radicata
キク科ブタナ属
似たものに全体に毛の少ないヒメブタナがある。


2016年5月23日 打出総苞片の背面に1列の毛がある。頭花は直径約4cm。
ブタナ花 ブタナ花 ブタナ花
頭花は舌状花のみからなる。舌状花の花弁は長さ約1.3mm、花弁の基部に毛がある。雌しべの柱頭が2裂している。冠毛がある。
ブタナ花 ブタナ花 ブタナ花
舌状花の間に細長い鱗片がある。頭花の中心では舌状花がまだ開いていない。
ブタナ花 ブタナ花 ブタナ花
冠毛が開く前の果実。冠毛が開いた果実。果実が概ね落ちて果床が現れている。
ブタナ果実 ブタナ果実 ブタナ果実
果実には長い嘴がある。長い鱗片が残っている。果実の嘴は長さ約9mm。果実は長さ約4mm。
ブタナ果実 ブタナ果実 ブタナ果実
果実には刺状の上向きの微小突起が密生する。冠毛は羽状に分岐する。花茎には鱗片状の葉がつく。
ブタナ果実 ブタナ冠毛 ブタナ葉
花茎の下部には小さな葉があった。葉は根生する。根生葉は長さ約18cm。波形の鋸歯がある。
ブタナ葉 ブタナ葉 ブタナ葉
表面に粗い毛がある。裏面は脈上に毛が多い。
ブタナ葉 ブタナ葉 ブタナ葉
ブタナ ブタナ



2008年6月8日 持田頭花は舌状花のみからなる。
ブタナ花 ブタナ花 ブタナ果実
花後花茎は枝を分ける。
ブタナ花後 ブタナ花茎 ブタナ葉
ブタナ ブタナ
2004年4月24日 浜乃木
ブタナ花 ブタナ花 ブタナ
ブタナ葉
2004年12月12日 佐草2003年5月28日 浜乃木
ブタナ花 ブタナ花
2012年5月26日 果実と冠毛 鹿島そう果と冠毛の間に長い嘴がある。嘴は長さ約1.3cm。
ブタナ果実 ブタナ果実 ブタナ果実
果実は小さな突起があり、長さ約0.5cm
ブタナ果実 ブタナ
2009年5月31日 果実と冠毛 八雲そう果と冠毛の間に長い嘴がある。
ブタナ果実 ブタナ果実 ブタナ果実
2009年5月31日 花茎は枝を分ける。 玉湯
ブタナ花茎 ブタナ葉 ブタナ
2012年4月24日 蕾 八雲 花茎に鱗片状の葉がつく。葉は根生する。
ブタナ蕾 ブタナ花茎 ブタナ葉
ブタナ葉 ブタナ葉 ブタナ葉
葉の裏面。
ブタナ葉 ブタナ葉 ブタナ葉裏面
花茎は分岐する。
ブタナ葉裏面 ブタナ葉裏面 ブタナ
2013年4月4日 若葉 嫁島
ブタナ葉 ブタナ葉 ブタナ葉裏面
ブタナ
2007年1月21日 ロゼット葉 佐草
ブタナ ロゼット葉 ブタナ ロゼット葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑