ブラジルハシカグサモドキ(伯剌西爾麻疹草擬)

多年草
熱帯アメリカ原産でアジアの熱帯などに帰化している。
細く長い直根で地表近くを這う根茎に連結する。茎は匍匐あるいは斜上し分枝が多く高さ20~50cm、円筒状で白毛が密生する。葉は対生、楕円形で先端は尖りで基部は徐々に細る、葉の裏面に毛が密生し、縁には短毛があり濃緑色、花柄は5mmで基部に膜状の托葉がある。花は茎頂の包葉の腋に束生する、花房は径5mm、包葉は広卵形、がくは緑色で白毛が生える、花冠は白色、漏斗状で長さ4~5mm。果実はさく果、長楕円形~倒卵形で長さ3mm、褐色で白毛がまばらに生え、緑色のがくがつき、3分果に分れる、種子は黄褐色、倒卵形で長さ2mm。 花期は9〜11月。(写真で見る外来雑草 畜産草地研究所)
学名は、Richardia brasiliensis
アカネ科ハシカグサモドキ属
ハシカグサモドキによく似るが、分果の腹面が大きく裸出する。
参考 分果の図(PDF)(植物分類・地理 33, 226, 1982-04-20の「村田源・小山博滋:新帰化植物ブラジルハシカグサモドキ 」)
NEW SOUTH WALES FLORA ONLINE

[ハシカグサモドキ Richardia scabra]
 全体に粗い剛毛を布き、茎は断面が四角で、よく分岐し、直立または匍匐して高さ50cmほどになる。葉は茎に対生し、楕円形で鈍頭〜鋭頭、長さ2〜4cm、幅5〜15mm、基部はくさび形で長さ5〜10mmの葉柄との境は不明瞭、両面に白毛が密生し。質はやや厚い。托葉は合着して、上面に刺状毛が裂生する。茎の頂部と葉腋に直径5mmほどの、6裂した白色の筒状花を固めてつける。分果の腹面を果皮が包み、裸出する部分は線形となる(分果を内側から見ると、両端がまきこんで、隙間が縦の線に見える)。花期は7〜8月。(日本帰化植物写真図鑑)
 「一年生匍匐或近直立草本,長可至80余cm或過之;主根近白色。茎近円柱形,被硬毛,節上無不定根,疏分枝。葉厚纸質,卵形、楕円形或披針形,長1-5cm或過之,頂端通常短尖,鈍頭,基部漸狭,両面粗雑,辺上有缘毛;葉柄長約5-10mm;托葉鞘状,頂部截平,辺縁有数条長約2-5mm的剛毛。頭状花序有花多朵,頂生,几無総梗,総梗頂端有1或2対葉状総苞,分為2対時,則里面1対較小,総苞片広卵形;花6或5数;萼長2.5-3.5mm,萼管頂部縊縮,萼裂片披針形或狭披針形,長約為萼管的2倍,被縁毛;花冠白色,漏斗状或高脚碟状,管長2-8mm,里面基部有一環白色長毛,裂片6,盛開時星状展開,偶有熏衣草的気味;雄蕊6,伸出或不伸出;子房通常有3心皮,柱頭頭状,3裂。分果瓣3 (-6),長2-3.5mm,長円形至倒卵形,背部密覆小乳凸和糙伏毛,腹面有一条狭溝槽,基部微凹。花期春夏间。」・・・中国植物誌


2015年11月12日 西尾花冠は6裂し、柱頭は3裂する。花冠裂片が一部合着し、5裂に見える。
ブラジルハシカグサモドキ花 ブラジルハシカグサモドキ花 ブラジルハシカグサモドキ花
雄しべが6個、柱頭が3裂する。花冠の奥に環状に毛がある。
ブラジルハシカグサモドキ花 ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実
若い果実、長さ約4mm、萼片が残る。萼を除いた果実の上部、3分果に分かれる。分果の腹面(上)、背面(下)
ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実
分果の腹面は広く裸出する。分果の腹面に1本の隆起線がある。
ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ
ブラジルハシカグサモドキ ブラジルハシカグサモドキ



2014年10月1日 西尾花冠は6裂し、柱頭は3裂する。
ブラジルハシカグサモドキ花 ブラジルハシカグサモドキ花 ブラジルハシカグサモドキ花
花は直径約1cm。花序の基部に葉状の総苞がつく。
ブラジルハシカグサモドキ花 ブラジルハシカグサモドキ花 ブラジルハシカグサモドキ花
花冠の内側の基部に環状の毛がある。
ブラジルハシカグサモドキ花 ブラジルハシカグサモドキ花 ブラジルハシカグサモドキ花
花後の若い果実、萼の下にある。萼を残存する果実、長さ約4mm。
ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実
熟すと萼がとれ、3分果となって落ちる。
ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実
分果は長さ約4mm。分果の背面は粗い伏毛がある。
ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実
腹面は果皮に覆われず、広く裸出する。分果の腹面に一条の隆起線がある。
ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実 ブラジルハシカグサモドキ果実
葉は対生し、茎には毛が密生する葉身は長さ約6.5cm。短い葉柄がある。両面とも短毛が密生する。
ブラジルハシカグサモドキ葉 ブラジルハシカグサモドキ葉 ブラジルハシカグサモドキ葉
托葉は合着し、刺状毛がある。
ブラジルハシカグサモドキ葉裏面 ブラジルハシカグサモドキ葉裏面 ブラジルハシカグサモドキ托葉
花序の基部に葉状の総苞が1対か2対つく。よく分枝する。
ブラジルハシカグサモドキ ブラジルハシカグサモドキ ブラジルハシカグサモドキ
ブラジルハシカグサモドキ
2016年6月6日 西尾
ブラジルハシカグサモドキ ブラジルハシカグサモドキ ブラジルハシカグサモドキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑