ブナ(椈)

落葉高木
北海道の渡島半島黒松内以南〜鹿児島県高隈山の山地に生える。高さ30m、直径1mほどになる。樹皮は灰白色でなめらか。割れ目はない。地衣類や蘚苔類が着生していることが多い。本年枝は暗紫色で光沢があり、長楕円形の皮目が散生する。はじめ黄褐色の軟毛があるが、のち無毛となる。葉は互生。葉身は長さ4〜9cm、幅2〜4cmの卵形で、やや厚い洋紙質。先端はとがり、基部は広いくさび形。ふちには波状の鋸歯がある。側脈は7〜11対あり、葉の裏面に突出する。はじめ葉の両面に長い軟毛があるが、成葉になると毛はほとんど落ちる。葉柄は長さ5〜10mm。托葉は長さ1.5cmほどの倒披針形。褐色で軟毛があり、開葉後まもなく落ちる。雌雄同株。葉の展開と同時に開花する。雄花序は新枝の下部の葉腋から垂れ下がり、6〜15個の雄花が頭状に集まってつく。花序の柄は長さ1〜3cmで、軟毛が密生する。雄花の花被は長さ5mmほどで、長い軟毛に覆われている。雄しべは12個あり、葯は花被の外に出る。雌花序は上部の葉腋に上向きにつく。雌花は直径1cmほどの総苞の中に2個入っている。総苞は4裂し、外側は線形の鱗片に覆われている。花柱は線形で3個、柱頭は赤い。果実は堅果。殻斗と呼ばれる堅い殻に包まれている。10月頃、堅果が熟すと、殻斗は4つに割れ、中から堅果が2個でてくる。殻斗の外側は刺状のかたい突起に覆われている。堅果は長さ約1.5cmの3稜形。花期は5月。
冬芽は長さ1〜3cmの披針形。本年枝と2年枝の境にはっきりした輪状の芽鱗痕がある。(樹に咲く花)
学名は、Fagus crenata
ブナ科ブナ属
よく似たイヌブナは葉の葉脈が10〜14対、果実はぶら下がってつき、殻斗が小さい。


普通は標高の高い冷温帯林に生えるとされるが、松江では島根半島部の500m位の山にあり、
また南部の山地の600m位の山にもある。
2011年5月2日 島根雌花序は上部に、雄花序は下部につく。雄花序。
ブナ花 ブナ花 ブナ雄花
多数の雄花が集まる。長毛に覆われ細部が不明。雌花序。
ブナ雄花 ブナ雄花 ブナ雌花
雌花が2個ある。花柱は3個。
ブナ雌花 ブナ雌花 ブナ葉
毛は目立たない。
ブナ葉裏面 ブナ葉 ブナ
樹皮は滑らか。
ブナ樹皮 ブナ



2009年8月29日 果実 島根殻斗の中には2個の堅果がある。
ブナ果実 ブナ果実 ブナ果実
葉の裏面に毛はない。
ブナ葉 ブナ葉裏面 ブナ樹皮
ブナ ブナ
2013年6月3日 若い果実 島根殻斗は直径約1.7cm。殻斗の中に堅果が2個あった。
ブナ果実 ブナ果実 ブナ果実
未熟な堅果は長さ約1.2cm。
ブナ果実 ブナ
2010年5月30日 島根葉の裏面は毛がない。
ブナ葉 ブナ葉 ブナ葉裏面
ブナ葉 ブナ樹皮 ブナ
2010年10月23日 冬芽 島根
ブナ冬芽 ブナ冬芽 ブナ冬芽

2009年6月21日 果実は上を向く。 八雲落下の実。殻斗は刺状突起がある。
ブナ果実 ブナ果実 ブナ果実
中には堅果が2個ある。縁には波状の鋸歯がある。
ブナ果実 ブナ葉 ブナ葉
若い葉は葉柄や葉脈に長毛がある。
ブナ ブナ葉裏面 ブナ葉裏面
ブナ樹皮 ブナ
2004年2月21日 八雲
ブナ


2015年11月3日 八雲葉は長さ約9cm、縁に波状の鋸歯がある。
ブナ葉 ブナ葉 ブナ葉
側脈が11対ある。樹皮は灰白色。
ブナ葉裏面 ブナ樹皮 ブナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑