ボタンネコノメソウ(牡丹猫の目草)

多年草
本州(岐阜県以西の日本海側)の谷間の湿地に生える。根出葉は花時に生存し、ほぼ円形で短い葉柄があり、幅15〜30mm、脈は白く目立つ。花茎は直立し高さ5〜25cm、通常紅色を帯びほとんど毛はない。苞葉は卵形〜長楕円形、長さ1〜2cm、幅5〜10mm、花時には一部黄色となる。萼裂片4個は直立して暗赤褐色。雄しべは8個では萼片より短く、葯は暗紅紫色。種子は肋上に丸い突起が互いに接して並ぶ。別名ボタンネコノメ。花期は4〜5月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Chrysosplenium kiotense
ユキノシタ科ネコノメソウ属
よく似たホクリクネコノメは萼裂片が淡緑色、葯が暗紅紫色、雄しべが萼裂片より長い。


2014年4月7日 八雲
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花
1個の花は幅約2mm。
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花
雄しべが8個、雌しべの花柱が2個ある。雄しべは萼より短い、中央に2個の花柱。雄しべの葯は暗赤色。
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花
雄しべの花糸。雄しべの花糸は長さ約0.6mm。雄しべの葯は長さ約0.4mm。
ボタンネコノメソウ雄しべ ボタンネコノメソウ雄しべ ボタンネコノメソウ葯
若い果実、先端に花柱が尖って残る。
ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ葉
葉は葉柄を含めて長さ約2cm。苞葉は柄を含めて長さ約1.2cm。
ボタンネコノメソウ葉 ボタンネコノメソウ葉 ボタンネコノメソウ苞
ボタンネコノメソウ苞 ボタンネコノメソウ ボタンネコノメソウ走出枝
ボタンネコノメソウ



2013年4月1日 八雲雄しべは萼片より短い。
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花
ボタンネコノメソウ花序 ボタンネコノメソウ
2012年4月10日 枕木山
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花
雄しべは8個、萼片より短い。
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花
花茎の下部に対生する葉がある。
ボタンネコノメソウ ボタンネコノメソウ葉 ボタンネコノメソウ
2011年4月13日 八雲
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花
ボタンネコノメソウ葉 ボタンネコノメソウ ボタンネコノメソウ
2005年4月2日 八雲
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花
ボタンネコノメソウ葉 ボタンネコノメソウ葉 ボタンネコノメソウ
2008年4月20日 八雲
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ
2005年4月24日 八雲
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ
ボタンネコノメソウ
2007年3月17日 八雲
ボタンネコノメソウ花 ボタンネコノメソウ花
2013年5月6日 裂けた果実 八雲果実が裂けて種子が出る。
ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実
裂開した果実の幅は約9mm。
ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ種子
種子は長さ約0.8mm。
ボタンネコノメソウ種子 ボタンネコノメソウ種子 ボタンネコノメソウ種子
縦の溝に棒状突起が壁のように並んでいる。果実がまだ裂開していない株。
ボタンネコノメソウ種子 ボタンネコノメソウ ボタンネコノメソウ果実
ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実
2011年5月4日 裂けた果実 八雲果実が裂けて種子が出る。
ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実
果実が大きくなってくる。果実が萼の外へ伸びる。
ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実
ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ
2007年4月21日 裂けた果実 八雲
ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実 ボタンネコノメソウ果実
2005年6月25日 八雲
2007年2月25日 八雲
ボタンネコノメソウ葉 ボタンネコノメソウ葉 ボタンネコノメソウ葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑