ボタンヅル(牡丹蔓)

落葉つる性半低木
本州〜九州の山地や原野に普通。茎は稜角があり短毛がある。葉は長柄があり、1回3出複葉。小葉は広卵形鋭尖頭、欠刻縁、裂片は鋭頭、基部は円形または浅心形、小葉柄があり、両面短毛があって長さ3.5〜7cm。葉腋から円錐花状集散花序に上向きに平開する。萼片は4、長楕円形、鋭頭または凹頭、外面灰白色の短毛があり、長さ8〜10mm。雄ずいは多数、扁平、無毛、長さ5〜6mm、葯は長さ2mm。そう果は多数、長卵形、長さ4mm、白毛がある。花柱は長さ10mmで羽状。花期は8〜9月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Clematis apiifolia
キンポウゲ科センニンソウ属
よく似たセンニンソウは葉が羽状複葉、雄しべが萼片より短い。蕾の先が尖る。そう果は扁平になる。


2012年8月30日 大東雄しべの花糸は萼片と同長。花は直径約2cm。
ボタンヅル花 ボタンヅル花 ボタンヅル花
花弁はなく、花弁状の萼片がある。雄しべは多数、雌しべは数個ある。
ボタンヅル花 ボタンヅル花 ボタンヅル花
蕾の先は丸い。
ボタンヅル花序 ボタンヅル蕾 ボタンヅル蕾
センニンソウとの蕾の比較。
ボタンヅル蕾 ボタンヅル葉 ボタンヅル葉
小葉の葉柄は長い。小葉には不揃いの鋸歯がある。表面に毛が散生する。
ボタンヅル葉 ボタンヅル葉 ボタンヅル葉
小葉の裏面に毛がある。茎には細毛がある。
ボタンヅル葉裏面 ボタンヅル葉裏面 ボタンヅル茎
ボタンヅル花序 ボタンヅル



2010年9月1日 八雲
蕾の先端は丸い。
ボタンヅル花 ボタンヅル花 ボタンヅル蕾
ボタンヅル葉 ボタンヅル葉 ボタンヅル
画像の上はセンニンソウ、下がボタンヅル
ボタンヅル
2007年8月12日 八雲葉は3出複葉で、ふぞろいの鋸歯がある。
ボタンヅル花 ボタンヅル葉 ボタンヅル花序
ボタンヅル
2005年8月20日 八雲蕾の先は丸い。
ボタンヅル花 ボタンヅル蕾
2004年8月21日 西忌部
ボタンヅル花 ボタンヅル
2014年2月24日 果実 新庄果実は長い羽毛状の花柱をつけている。
ボタンヅル果実 ボタンヅル果実 ボタンヅル果実
ボタンヅル果実 ボタンヅル果実 ボタンヅル果実
羽毛状の花柱は長さ約1cm。果実は長さ約4mm、短毛が密生する。
ボタンヅル果実 ボタンヅル果実 ボタンヅル果実
花柱の毛には刺はない。
ボタンヅル果実 ボタンヅル ボタンヅル
2012年11月7日 果実 八雲果実の先端に花柱が羽毛状になって残る。
ボタンヅル果実 ボタンヅル果実 ボタンヅル果実
果実は長さ約4mm、花柱は長さ12mm。果実には毛が密生する。
ボタンヅル果実 ボタンヅル果実 ボタンヅル果実
ボタンヅル ボタンヅル
2012年10月25日 果実 八雲花柱が羽毛状になって残る。若い果実。羽毛状の花柱は長さ約1.2cm。
ボタンヅル果実 ボタンヅル果実 ボタンヅル果実
果実は長卵形、長さ約5mm、短毛がある。
ボタンヅル果実 ボタンヅル果実 ボタンヅル果序
ボタンヅル
2005年7月17日 八雲
ボタンヅル葉 ボタンヅル葉 ボタンヅル
2011年5月4日 芽吹き 八雲
ボタンヅル芽吹き ボタンヅル芽吹き ボタンヅル若葉
ボタンヅル ボタンヅル
2007年12月8日 冬芽 八雲
ボタンヅル冬芽 ボタンヅル冬芽 ボタンヅル葉
さび病菌 Aecidium clematidisによる菌えいと思われる。
ボタンヅル
2004年7月24日 東持田
ボタンヅル ボタンヅル


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑