ビワ(枇杷)

常緑高木
中国から渡来したといわれているが、野生も確認されている。原産説についてはいろいろ議論があるが、奈良時代に記述があり古くから日本にあったのは間違いない。暖地で果樹として栽培されている。高さ6〜10mになる。樹皮は灰褐色。横じわがある。若い枝には褐色の綿毛が密生する。葉は互生。葉身は長さ15〜20cmの広倒披針形〜狭倒卵形。先端はとがり、基部はしだいに狭くなって葉柄に続く。表面は無毛で光沢があり、ふつう縁の上半部に粗い鋸歯がある。裏面には褐色の綿毛が密生する。長さ10〜20cmの円錐花序に芳香のある小さな花が100個前後つく。花は直径約1cm、花弁は白色で5個ある。花弁の内側の下部、萼、花序には褐色の綿毛が密生する。果実はナシ状果。直径3〜4cmの広楕円形で、5〜6月頃に黄橙色に熟す。果実ははじめ綿毛があるが、のちに無毛。果実の頂部には内側に曲がった萼片が残る。種子は長さ2〜3cm。なかには白い肉質の子葉が入っている。花期は11〜1月。
冬芽は、褐色の綿毛におおわれる。(樹に咲く花)
学名は、Eriobotrya japonica
バラ科ビワ属


2012年1月18日 玉湯はっきりしないが花柱は5本ある。
ビワ ビワ ビワ
花柄や苞、萼に綿毛が密生する。
ビワ ビワ ビワ
ビワ ビワ



2011年2月23日 玉湯雌しべの柱頭は5裂する。
ビワ ビワ ビワ
ビワ ビワ ビワ
ビワ ビワ ビワ
葉痕
ビワ ビワ ビワ
2005年11月26日 八雲
ビワ ビワ ビワ
ビワ ビワ ビワ
ビワ ビワ
2007年6月23日 果実 鹿島
ビワ ビワ ビワ
ビワ
2011年6月1日 幼果 玉湯
ビワ ビワ ビワ
ビワ ビワ ビワ
ビワ ビワ
2006年5月5日 幼果 上乃木
ビワ ビワ
2006年2月25日 冬芽 八雲熊野市場
ビワ ビワ ビワ
2010年3月6日 玉湯
ビワ ビワ ビワ
ビワ
2004年11月20日 美保関千酌
ビワ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑