アゼテンツキ(畦天突)

1年草
北海道〜沖縄の田のあぜ、休耕田などに生える。叢生する。高さ10〜20cm。葉は柔らかく糸状。花序枝は1〜2回分岐する。苞葉は花序より短い。小穂は多数つき、披針形、鱗片には熟すと外に曲がる長い芒がある。果実は0.7mm、倒卵形で平滑、横断面はレンズ形。花柱は短毛が生え、柱基に長毛がある。柱頭は2岐。果期は7〜9月。(カヤツリグサ科入門図鑑)
学名は、Fimbristylis squarrosa
カヤツリグサ科テンツキ属
よく似たメアゼテンツキの鱗片の先は短い芒状になる。またコアゼテンツキは花柱の基部に毛がない。


2015年9月29日 東忌部花序枝は1〜2回分岐する。苞葉は花序より短い。
アゼテンツキ アゼテンツキ アゼテンツキ
小穂は長さ5〜6mm。雌鱗片の芒は反曲する。雌鱗片は長さ2.5mm。
アゼテンツキ小穂 アゼテンツキ小穂 アゼテンツキ雌鱗片
雌鱗片には長い芒がある。雌鱗片の芒は長さ約1mm。柱頭は2岐、果実は長さ約0.6mm。
アゼテンツキ雌鱗片 アゼテンツキ雌鱗片 アゼテンツキ果実
柱基には長い毛がある。柱基はやや膨れる。柱基の長毛。
アゼテンツキ果実 アゼテンツキ果実 アゼテンツキ果実
花柱の上部に毛がある。茎は高さ約10cm。
アゼテンツキ花柱 アゼテンツキ アゼテンツキ
アゼテンツキ アゼテンツキ



2006年6月30日 玉湯
アゼテンツキ アゼテンツキ アゼテンツキ
アゼテンツキ アゼテンツキ アゼテンツキ
2005年9月24日 玉湯
アゼテンツキ アゼテンツキ アゼテンツキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑