アゼスゲ(畦菅)

多年草
北海道〜九州の平地から山地の湿地に生える。横走する根茎があり、まばらに叢生する。基部の鞘は褐色または紫褐色の部分があり、その葉身の縁は内曲する。葉は幅1.5〜4mm。有花茎は高さ20〜80cm。小穂は3〜5個。苞は葉身が発達し、無鞘。頂小穂1〜2個は雄性で長さ2〜6cm。側小穂は雌性で長さ1.5〜5cm、幅3〜4.5mm。雌鱗片は側面が黒紫色で中肋が緑色、鈍頭で果胞より短いものから、鋭頭で果胞より長いものまで変異がある。果胞は扁平、長さ3〜3.5mm、ルーペでは平滑、実体鏡では微細な半球形の突起があり、少数の細い脈が見え、嘴は短く、口部は全縁。果実は果胞に密に包まれ、倒卵形で、断面はレンズ状、長さ約2mm。柱頭は2岐。果期は5〜7月。(日本のスゲ)
学名は、Carex thunbergii
カヤツリグサ科スゲ属アゼスゲ節


2013年6月16日 東出雲頂小穂は雄性、側小穂は雌性。
アゼスゲ アゼスゲ アゼスゲ
最下の苞は葉身が長い。雄小穂は長さ約4cm、雌小穂は約2cm。
アゼスゲ アゼスゲ アゼスゲ
雌小穂は無柄、苞は無鞘。雌鱗片は果胞と同長かやや短い。柱頭は2岐する。
アゼスゲ アゼスゲ アゼスゲ
雌鱗片の側面は黒紫色で中肋が緑色。果胞は約3mm。口部は平切形、上部に乳頭状突起がある。
アゼスゲ アゼスゲ アゼスゲ
何故か果実が全て未成熟。
アゼスゲ アゼスゲ



2013年5月26日 東出雲頂小穂は雄性、側小穂は雌性。雌小穂の上部に小さな雄小穂がつくこともある。
アゼスゲ アゼスゲ アゼスゲ
小穂は長さ約4cm。柱頭は2岐。
アゼスゲ アゼスゲ アゼスゲ
鱗片は果胞より短い。果胞は長さ約3mm、短い嘴がある。果胞口部は平切形、乳頭状突起がある。
アゼスゲ アゼスゲ アゼスゲ
花茎は長さ約75cm。
アゼスゲ アゼスゲ アゼスゲ
アゼスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑