アゼナルコ(畦鳴子)

多年草
本州〜九州の湿地や河川敷などに生える。根茎は短く、密に叢生する。基部の鞘は葉身がなく、褐色で、竜骨があり、少し糸網を生じる。葉は幅4〜10mm。有花茎は高さ40〜80cm。小穂は4〜7個、上方のものは雌雄性、下方のものは雌性、柄があって垂れ下がり、円柱形で長さ3〜6cm、幅約5mm。苞は葉状で無鞘。雌鱗片は淡緑色で褐色を帯び、凹頭芒端。果胞は偏平で長さ2.5〜3mm、乳頭状突起を密布し、無脈、嘴は短く口部は全縁。果実は倒卵形で、断面はレンズ状、長さ1.5〜2mm。柱頭は2岐。果期は5〜6月。(岡山県スゲ属植物図譜)
学名は、Carex dimorpholepis
カヤツリグサ科スゲ属アゼスゲ節





2015年5月21日 打出頂小穂は雌雄性。苞は葉状で最下のものは特に長い。
アゼナルコ花序 アゼナルコ花序 アゼナルコ花序
頂小穂は雄性部の先に雌性部がつく。雌小穂は長さ約6cm。雌鱗片は芒があり果胞より長い。
アゼナルコ花序 アゼナルコ花序 アゼナルコ花序
雌鱗片には長い芒がある。雌鱗片は長さ約3.5mm。
アゼナルコ花序 アゼナルコ花序 アゼナルコ花序
芒は長く、縁に刺がある。雌鱗片は凹形。果胞は長さ約2.5mm、嘴は短い。
アゼナルコ アゼナルコ アゼナルコ
果胞口部は切形、表面に乳頭状突起が密生する。果実は果胞にゆるく包まれる。
アゼナルコ アゼナルコ アゼナルコ
果実は長さ約1.8mm花茎は鋭三角形。
アゼナルコ アゼナルコ アゼナルコ
花茎は長さ約80cm。
アゼナルコ アゼナルコ アゼナルコ
2009年6月14日 乃白頂小穂は基部に雄花、先端に雌花がつく。頂小穂は雄雌性。
アゼナルコ アゼナルコ アゼナルコ
この花序は頂小穂が雌、雄になっている。雌小穂は長さ約6cm。芒は長く、ふちに刺がある。
アゼナルコ アゼナルコ アゼナルコ

果胞は長さ約3mm。雌鱗片の先は凹み、長い芒がある。
アゼナルコ アゼナルコ アゼナルコ
果実は長さ約2mm。
アゼナルコ アゼナルコ アゼナルコ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑