アゼガヤ(畦萱)

1年草
本州〜九州の水田の縁やあぜに生育する。茎は高さ30〜50cm、下部は屈曲・叢生し、やや軟弱、偏平・無毛。葉は長さ6〜15cm、幅3〜5mm、両面はざらつき粉白色を帯び無毛。葉舌は白色・膜質、長さ1.5〜2mm。葉鞘は偏平、平滑・無毛。花序は円錐状、長さ15〜30cm、花軸の各節から2〜3個の繊細な枝を出し、基部から偏側的に多数の小穂をつける。小穂は線状長楕円形、長さ3.5〜3.8mm、短い少梗があって枝に接着または直立し、赤紫色を帯び、5〜7個の小花からなる。第1包穎は披針形、長さ1mm、1脈、第2包穎は広披針形、1.5mm、3脈。護穎は長さ1〜1.5mm。果実は楕円形、長さ1〜1.5mm。 花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Lepochloa chinensis
イネ科アゼガヤ属


2008年10月4日 西川津
アゼガヤ アゼガヤ アゼガヤ
アゼガヤ アゼガヤ アゼガヤ
アゼガヤ アゼガヤ アゼガヤ
アゼガヤ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑