アヤメ(文目)

多年草
北海道〜九州の山間の草地に生える。地下茎は横にはい多数の繊維に被われている。葉は直立長ささ30〜50cm、幅5〜10mm、細かい中肋があるがあまり目立たず、鋭尖頭。花茎は直立して分枝せず、高さ30〜60cm、苞は長楕円状披針形、緑色で鋭尖頭、長さ5〜6cm、花は2〜3個つき、紫色で直径8cm、小花柄は子房より長く、苞より短い。時に白花のものや、ごく薄い淡紫色の栽培品もある。外花被片広倒卵形、爪部は広く黄色を帯び細紫脈が目立つ。内花被片は長楕円状披針形で直立し、長さ約4cm。花柱の先は2深裂し、裂片には鋸歯がある。果実は楕円形、長さ4cm。花期は5〜6月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Iris sanguinea
アヤメ科アヤメ属


2009年5月23日 八雲
外花被片には黄色と紫の網目模様がある。
アヤメ アヤメ アヤメ
アヤメ アヤメ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑