アワブキ(泡吹)

落葉高木。
本州〜九州の丘陵の雑木林から山地の林内に生える。高さ12m、直径30cmほどになる。樹皮は灰褐色。小さな楕円形の褐色の皮目がある。若い枝は細く、褐色の伏毛がある。葉は互生。枝先に集まってつく。葉身は長さ8〜25cm、幅4〜8cmの長楕円形または倒卵状長楕円形。先は鋭くとがり、基部は広いくさび形。ふちには先端が芒になる小さな鋸歯がある。質は薄い。側脈は20〜28対、ほぼ平行に並び、裏面に突出する。表面は脈上を除いて無毛。裏面は全体に淡褐色の毛が生え、脈上には密生する。葉柄は長さ1〜2cm、褐色の斜上する毛が密生し、上面に溝がある。本年枝の先に長さ15〜25cmの大きな円錐花序をだし、小さな淡黄白色の花を多数つける。花序には毛が密生する。花は直径約3mmほどで、芳香がある。花弁は5個、外側の3個は大きく広卵形、内側の2個は小さく線形。雄しべは5個、1〜2個が完全雄しべで、残りは退化して仮雄しべになっている。完全雄しべは花糸の先端が杯状に広がって葯がつく。仮雄しべは鱗片状で白く、花柱の下半部を包む。果実は核果。直径4〜5mmの球形、9〜10月に赤く熟す。花は花序にびっしりとつくが、果実はまばら。核は褐色でかたい。中に種子が1個入っている。花期は6〜7月。
冬芽は裸芽。褐色の伏毛におおわれる。頂芽は細長く長さ1cmほど。側芽は小さい。葉痕は縦長の半円形。維管束痕は小さく、8個ほどが半円形に並ぶ。(樹に咲く花)
学名は、Meliosma myriantha
アワブキ科アワブキ属


2013年6月6日 八雲花弁の外側3個は大きく、内側2個は小さい。
アワブキ花 アワブキ花 アワブキ花序
アワブキ



2013年6月3日 蕾 東持田
アワブキ蕾 アワブキ蕾 アワブキ
アワブキ アワブキ アワブキ
2013年5月2日 蕾 東持田
アワブキ蕾 アワブキ蕾 アワブキ
2013年8月26日 若い果実 東持田果実は直径約4mm。
アワブキ果実 アワブキ果実 アワブキ果実
果実の基部に花柱と萼片が残る。(乾燥標本)花柱(左下)と萼片(右)。
アワブキ果実 アワブキ果実 アワブキ果実
アワブキ
2011年6月29日 花後 天宮山幼果
アワブキ花後 アワブキ果実 アワブキ
2009年6月27日 幼果 東持田
アワブキ果実 アワブキ アワブキ
アワブキ
2010年5月1日 若葉 八雲
アワブキ葉 アワブキ葉 アワブキ葉裏面
アワブキ アワブキ アワブキ
2008年8月2日 八雲須谷
アワブキ葉 アワブキ葉裏面 アワブキ冬芽
アワブキ葉 アワブキ樹皮 アワブキ
2008年5月17日 東持田
アワブキ葉 アワブキ葉 アワブキ葉裏面
新枝の先端。毛が密生する。
アワブキ枝 アワブキ枝 アワブキ樹皮
アワブキ
2007年9月27日 大平山裏面は毛が多い。冬芽は伏毛に覆われる。
アワブキ葉 アワブキ葉裏面 アワブキ冬芽
小さな鋸歯の先端は芒となる。葉は枝の先端に集まる。
アワブキ葉 アワブキ アワブキ樹皮
アワブキ
2011年5月2日 若葉 大平山
アワブキ若葉 アワブキ若葉 アワブキ若葉
アワブキ
2007年12月23日 冬芽 大平山
アワブキ冬芽 アワブキ冬芽 アワブキ冬芽
アワブキ冬芽 アワブキ樹皮 アワブキ
2012年8月12日 東出雲
アワブキ冬芽 アワブキ葉 アワブキ葉
アワブキ アワブキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑