アラゲハンゴンソウ(荒毛反魂草)

越年草
北アメリカ原産。第二次世界大戦前から北海道の牧場で知られており、近年では全国的に山岳道路沿いなどにごく普通に発生している。茎はまばらに分岐して高さ90cmほどになり、葉とともに粗い剛毛が密生する。葉は長楕円形で低い鋸歯があり、基部のものは長い柄があり、上部のものは無柄で互生する。直径7cmほどの頭状花を長い花茎の先につける。舌状花は黄色で14枚前後、筒状花は暗紫色で円錐形の花床につく。そう果は黒色で冠毛はない。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Rudbeckia hirta var. pulcherrima
キク科オオハンゴンソウ属
別名ルドベキアは属名であり、花の名前ではない。
よく似たミツバオオハンゴンソウは花が直径5cmと小さく、下部の葉が3裂する。オオハンゴンソウは筒状花が緑色で、葉は分裂する。


2015年8月19日 東出雲花は直径約12cm。
アラゲハンゴンソウ花 アラゲハンゴンソウ花 アラゲハンゴンソウ花
下部の葉は葉柄を含めて長さ約20cm。表面に毛が密生する。
アラゲハンゴンソウ葉 アラゲハンゴンソウ葉 アラゲハンゴンソウ葉
裏面脈上に毛が多い。毛の基部が赤褐色に膨らむ。
アラゲハンゴンソウ葉裏面 アラゲハンゴンソウ葉裏面 アラゲハンゴンソウ茎
下部の葉も裂けることはない。
アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ



2012年8月30日 大東
アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ
アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ
中部の葉はほとんど無柄。毛が密生する。
アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ
脈上や葉面にも毛が多い。毛の基部が赤褐色に膨れている。
アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ
アラゲハンゴンソウ
2011年7月13日 大草
アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ
アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ
アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ
アラゲハンゴンソウ
2004年6月26日 西忌部
アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ アラゲハンゴンソウ
アラゲハンゴンソウ
2015年11月3日 果実 東出雲集合果は直径2.5cm。
アラゲハンゴンソウ果実 アラゲハンゴンソウ果実 アラゲハンゴンソウ果実
鱗片は果実より長い。鱗片は長さ約5mm。鱗片の先端部に白毛がある。
アラゲハンゴンソウ果実 アラゲハンゴンソウ鱗片 アラゲハンゴンソウ鱗片
鱗片先端部の毛。果実は長さ2〜2.2mm。果実の先端部、4稜形。
アラゲハンゴンソウ鱗片 アラゲハンゴンソウ果実 アラゲハンゴンソウ果実
果実の上半部。果実の表面に微細な格子模様がある。
アラゲハンゴンソウ果実 アラゲハンゴンソウ果実 アラゲハンゴンソウ

同じオオハンゴンソウ属と思われるが、種名は不明。
2010年7月10日 丸倉山
ルドベキア ルドベキア ルドベキア
ルドベキア ルドベキア
近くにあったもので同じものと思われる。
ルドベキア ルドベキア


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑