アオツヅラフジ(青葛藤)

落葉つる性木本
北海道、関東地方以西〜沖縄の低地の草原や道端、林縁などに生える。枝は淡黄褐色の毛が生える。つるは右巻き。葉は互生。葉身は長さ3〜12cm、幅2〜10cmの広卵形〜卵心形。葉の形は変化が多く、ときに浅く3裂する。縁は全縁。両面とも淡黄褐色の毛がある。葉柄は長さ1〜3cm。雌雄別株。枝先と葉腋に小さな花序をだし、黄白色の花をつける。花弁と萼片は6個。雄花の雄しべは6個。雌花には雌しべ6個と仮雄しべが6個ある。花弁の先は2裂する。果実は核果。直径6〜7mmの球形で、10〜11月に粉白を帯びた黒色に熟す。核は直径約5mm。中心がへこんで、まるまった芋虫のような形をしている。外面には横方向に、やや細かいしわがある。別名カミエビ 花期は7〜8月。(樹に咲く花)
子房が6個の心皮に分かれ、花後に心皮が離れ、各々が1個の果実になる。
学名は、Cocculus trilobus
ツヅラフジ科アオツヅラフジ属
似たものにツヅラフジがあるが、葉柄が長く、茎や葉が無毛。


2013年8月26日 雄花 東持田萼の中に6個の花弁がある。
アオツヅラフジ雄花 アオツヅラフジ雄花 アオツヅラフジ雄花
花は直径約3mm、雄しべ6個。花弁の先は2裂する。大3個、外側に小3個、計6個の萼がある。
アオツヅラフジ雄花 アオツヅラフジ雄花 アオツヅラフジ
アオツヅラフジ アオツヅラフジ



2013年7月25日 雌花 八雲花弁は先端が2裂している。柱頭は6個。
アオツヅラフジ雌花 アオツヅラフジ雌花 アオツヅラフジ雌花
花は直径約4mm。
アオツヅラフジ雌花 アオツヅラフジ雌花 アオツヅラフジ雌花序
アオツヅラフジ
2010年9月11日 雌花 大草内側にあって先が2裂するのが花弁。雌しべの柱頭が6個。
アオツヅラフジ雌花 アオツヅラフジ雌花 アオツヅラフジ雌花
若い果実
アオツヅラフジ雌花序 アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ
アオツヅラフジ アオツヅラフジ
2004年7月25日 雄花 上乃木丸いのは萼、細く先が2裂する花弁。
アオツヅラフジ雄花 アオツヅラフジ雄花 アオツヅラフジ雄花序
2003年9月11日 雄花 東出雲須田
アオツヅラフジ雄花 アオツヅラフジ アオツヅラフジ葉
茎に毛がある。1〜3cmの葉柄に毛がある。葉裏に毛がある。
アオツヅラフジ アオツヅラフジ アオツヅラフジ
2004年6月13日 雄花 鹿島
アオツヅラフジ アオツヅラフジ
2012年10月25日 果実 八雲1花から6個の果実ができる。果実が果柄につく様子。
アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ果実
果実を全部取り除いた。1花から4個の果実があった。果実は直径約7mm。
アオツヅラフジ アオツヅラフジ アオツヅラフジ果実
1個の核がある。核は直径約5mm。
アオツヅラフジ核 アオツヅラフジ核 アオツヅラフジ核
アオツヅラフジ
2011年10月8日 果実 八雲若い果実。1個の花から6個の果実ができる。
アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ果実
ぬめりを取った核、直径約5mm。
アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ核 アオツヅラフジ核
2010年11月3日 果実 鹿島
アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ核 アオツヅラフジ
2004年1月1日 果実 佐草
アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ果実
2006年10月28日 果実 佐草
アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ果実
2005年10月23日 果実 乃白
アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ果実
2003年9月28日 果実 乃木福富
アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ果実 アオツヅラフジ葉
アオツヅラフジ葉 アオツヅラフジ葉
2005年10月30日 核 鹿島
アオツヅラフジ
2010年6月6日 玉湯葉の幅が15cm以上ある。各所に毛が多いのでアオツヅラフジと判断。
アオツヅラフジ アオツヅラフジ アオツヅラフジ
アオツヅラフジ アオツヅラフジ
2005年7月10日 東忌部
アオツヅラフジ アオツヅラフジ アオツヅラフジ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑