アオスゲ(青菅)

多年草
北海道〜九州の草地に普通に生える。密に叢生し、匐枝は出さない。基部の鞘は褐色でやや光沢があり、古くなると繊維に分解する。葉は有花茎とほぼ同長で、幅2〜3mm。有花茎は高さ15〜50cm。頂小穂は雄性で、多数の花をつけ棍棒状、長さ1〜2cm。側小穂は2〜3個で雌性、たがいに接近してつき、多数花を密生し、長さ1〜2cm、幅3〜4mm。苞はほとんど無鞘、葉身は花序と同長またはやや長い。根際に雌小穂をつけることはほとんどない。雌鱗片に長い芒がある。果胞には不明瞭な脈があり、長さ2.5〜3mm、まばらに毛がある。柱頭は3岐。果期は4〜5月。(日本のスゲ)
学名は、Carex leucochlora
カヤツリグサ科スゲ属ヌカスゲ節
よく似たメアオスゲは稈は高さ5〜20cm。最下の雌小穂が根際に根生状につく。苞は短いが明らかな鞘がある。ノゲヌカスゲは雄小穂が線形で雌小穂に隠れている。


2015年5月21日 玉湯雄小穂は棍棒状で小さい。上部の苞は長さ0.5〜1.2cm。下部の苞は約4.5cm。
アオスゲ花序 アオスゲ花序 アオスゲ花序
雄小穂は長さ約9mm。雄鱗片は長さ約3.5mm。
アオスゲ アオスゲ アオスゲ雄鱗片
雄鱗片の芒が目立たない。雌小穂は長さ1〜1.5cm。
アオスゲ雄鱗片 アオスゲ アオスゲ
上部の苞の鞘は長さ約1.2mm。 雌鱗片は果胞より長く芒がある。雌鱗片は長さ約3.5mm、果胞は約2.5mm。
アオスゲ アオスゲ アオスゲ
果胞は長さ約2.5mm。柱頭は3岐し、果胞に短毛が散生する。
アオスゲ アオスゲ アオスゲ
果胞の口部は2小歯がある。果実は果胞に密に包まれる。果実は長さ約1.5mm、盤状付属体がある。
アオスゲ アオスゲ アオスゲ
花茎は長さ約20cm。
アオスゲ アオスゲ アオスゲ



2014年5月1日 玉湯雄小穂は棍棒状、雌小穂と同長。
アオスゲ花序 アオスゲ花序 アオスゲ雄小穂
雄鱗片に芒があるとされるが。雌鱗片は長い芒がある。雌小穂は長さ約2cm。
アオスゲ雄鱗片 アオスゲ雌小穂 アオスゲ花序
雌鱗片は果胞より長い。果胞は長さ約2mm。
アオスゲ アオスゲ アオスゲ
柱頭は3岐する。果胞にはまばらに短毛がある。果胞の口部は2歯がある。
アオスゲ アオスゲ アオスゲ
果実は果胞に密着する。果実は長さ約1.5mm、頂に付属体が残る。花茎は長さ約35cm。
アオスゲ アオスゲ アオスゲ
アオスゲ アオスゲ
2014年4月26日 宍道雄小穂は棍棒状で短い。雌鱗片は長い芒がある。
アオスゲ花序 アオスゲ雄小穂 アオスゲ雌小穂
雄小穂、雌小穂は長さ約1cm。
アオスゲ花序 アオスゲ花序 アオスゲ花序
雄鱗片に芒があるが目立たない。雌鱗片の芒は長く、柱頭は3裂する。
アオスゲ雄鱗片 アオスゲ果胞 アオスゲ柱頭
果胞は長さ約2.5mm、雌鱗片は約4mm。
アオスゲ果胞 アオスゲ雌鱗片 アオスゲ果穂
果胞にはまばらに短毛がある。 果胞の口部は2歯がある。果実は長さ約1.5mm、付属体がつく。
アオスゲ果胞 アオスゲ果胞 アオスゲ果実
苞鞘は短く、約1〜1.5mm。
アオスゲ果実 アオスゲ苞鞘 アオスゲ苞鞘
花茎は長さ約18cm。
アオスゲ アオスゲ アオスゲ
アオスゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑