アオギリ(梧桐)

落葉高木
沖縄に生える。暖地では野生化している。高さ15mほどになる。樹皮は緑色で平滑。古くなると灰白色になる。葉は互生。葉身は長さ幅とも15〜25cmで、掌状に3〜5裂する。雌雄同株。枝先に大型の円錐花序を出し、淡黄色の小さな花を多数つける。一つの花序に雄花と雌花がまじる。雄花の花糸は合着して筒状になり、葯は先端にかたまってつく。雌花の子房には柄があり、基部には退化した雄しべの葯がついている。花弁のように見えるのは萼片で、花弁はない。萼片は5個、内面には長い毛が密生し、そり返る。果実は袋果。種子が成熟する前に裂開する。種子は直径4〜6mm。花期は5〜6月
冬芽は球形。頂芽は直径8〜15mm。側芽は小さい。赤褐色の毛が密生する。(樹に咲く花)
学名は、Firmiana simplex
アオイ科アオギリ属


2016年11月5日  美保関葉は3〜5裂する。葉の葉身は長さ約27cm、葉柄は32cm。
アオギリ葉 アオギリ葉 アオギリ葉
葉の表面にまばらに星状毛があった。葉の裏面。
アオギリ葉 アオギリ星状毛 アオギリ葉裏面
葉の裏面は無毛。脈腋に毛があり、星状毛が散生する。
アオギリ葉裏面 アオギリ葉裏面星状毛 アオギリ葉裏面星状毛
冬芽は球形。冬芽には毛が密生し、側芽は小さい。葉痕はほぼ円形で大きい。
アオギリ冬芽 アオギリ冬芽 アオギリ冬芽葉痕
アオギリ樹皮 アオギリ樹皮 アオギリ
アオギリ
2010年7月31日 植裁 西忌部若い果実
アオギリ アオギリ アオギリ
アオギリ アオギリ アオギリ
アオギリ アオギリ アオギリ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑