アメリカツノクサネム(亜米利加角草合歓)

1年草
熱帯アメリカ原産。1953年に愛媛県松山市で見いだされ、本州中部以西に散発的に発生している。茎はあまり枝を出さずに直立して高さ1mほどになる。葉は長さ偶数羽状複葉で短い柄があって互生し、小羽片は先の丸い長円形。葉腋に葉より短い花序を出し、長さ2cmほどの黄色の蝶形花を数個、まばらにつける。花の外面はしばしば紫色を帯びる。莢果は長さ20cm、幅4mmほどになる。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Sesbania exaltata
マメ科ツノクサネム属


2013年8月21日 西川津
アメリカツノクサネム花 アメリカツノクサネム花 アメリカツノクサネム花
花は長さ約1.5cm。旗弁の裏面には暗紫色の斑点がある。
アメリカツノクサネム花 アメリカツノクサネム花 アメリカツノクサネム花
若い果実。葉は偶数羽状複葉。葉柄や茎に細毛がある。
アメリカツノクサネム果実 アメリカツノクサネム葉 アメリカツノクサネム茎
アメリカツノクサネム



2012年8月16日 植裁 西川津
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
葉は偶数羽状複葉
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
小葉の先端は刺状になる。小葉のつけ根に刺状の托葉(?)がある。
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
2011年11月12日 果実 植裁 西川津果実は長さ約16cmある。
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
葉は偶数羽状複葉小葉は長楕円形。
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
2012年10月21日 果実 植裁 西川津果実は長さ約20cm。果実の幅は約4mm。
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
果実には32室あった。種子は長さ約4mm。
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
2012年7月15日 植裁 西川津
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
葉柄基部に托葉がある。小葉のつけ根に刺状のものがある。
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム
アメリカツノクサネム アメリカツノクサネム


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑