アメリカスズカケノキ(亜米利加鈴懸の木)

落葉高木
北アメリカ東部原産。ふつう高さ20m、直径40cmほど、大きいものは高さ40mを超える。ほぼ球形から楕円形の樹冠をつくる。樹皮は暗褐色で縦に割れ目が生じ、小さくはがれて淡黄色の木肌が現れる。本年枝は赤褐色〜黄褐色で無毛。小さな皮目がある。葉は互生。葉身は長さ7〜20cm、幅8〜22cmの広卵形で、掌状に3〜5浅裂。ふちには不ぞろいの歯牙がある。基部は切形〜ハート形。表面は光沢のある緑色で、裏面は淡緑色。はじめ両面とも星状毛が密生するが、しだいに落ち、裏面の脈腋以外は無毛になる。托葉は膜質で筒状、ふちには鋸歯がある。雌雄同株。直径1.5cmほどの球形の花序が花序の軸にふつう1個、まれに2個つく。果実はそう果。直径3cmほどの球形の集合果をつくる。そう果は長さ約1cm、先端はまるく、基部には長い毛が密生する。花期は4〜5月。
冬芽は長さ5〜10mmの卵形。無毛で赤褐色の1個の芽鱗に包まれる。葉痕は冬芽の回りを囲む。維管束痕は多数。(樹に咲く花)
学名は、Platanus occidentalis
スズカケノキ科スズカケノキ属
中近東原産のスズカケノキとアメリカスズカケノキの雑種がモミジバスズカケノキで街路樹としてよく植栽されている。モミジバスズカケノキはプラタナスと呼ばれ、葉は3〜5裂するがアメリカスズカケノキよりは深く切れ込み、果実はほとんどが1つの柄に2個〜3個つく。


2009年11月14日 果実 植栽 玉湯
アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ
アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ



2008年10月4日 植栽 西尾果実
アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ
アメリカスズカケノキ
2007年2月4日 冬芽 植栽 西尾果実落ち葉 表面
アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ
裏面果実は1個ずつく。
アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ アメリカスズカケノキ
アメリカスズカケノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑