アキノエノコログサ(秋の狗尾草)

1年草。
北海道〜九州の日当たりのよい空き地や路傍・畑地に生育、群生し、北海道ではエノコログサよりも量的に多い。茎の高さは40〜160cm。茎の基部は分けつして叢生し、エノコログサよりも壮大になる。葉は長さ30〜40cm、幅20〜23mm、表面は少し紫色を帯びた寝た毛が密生するが、裏面は無毛。葉舌は毛状。葉鞘は縁にだけ毛がある。花序は円柱状、長さ10〜20cm、湾曲して先端は下垂する。小穂は卵形、長さ2.8〜3mm、無毛。第1包穎は長さ1.5mm、第2包穎は2.5mm、第3穎は3mm。護穎と内穎は革質。果実は広卵形、長さ2mm。花期は8〜9月。
学名は、Setaria faberi
イネ科エノコログサ属
よく似た仲間にエノコログサキンエノコロコツブキンエノコロなどがある。


2011年9月28日 西川津花序が長さ18cm以上ある。
アキノエノコログサ アキノエノコログサ アキノエノコログサ
第2包穎が短い。葉舌は毛状。
アキノエノコログサ アキノエノコログサ アキノエノコログサ
アキノエノコログサ



2008年9月1日 西忌部
第2包穎は短く小花の一部が裸出する。
アキノエノコログサ アキノエノコログサ アキノエノコログサ

葉の表面の毛葉の裏面
アキノエノコログサ アキノエノコログサ アキノエノコログサ
アキノエノコログサ
2008年7月5日 鹿島 この時期はエノコログサと思ったが、第2包穎が短く小花の上部が露出する。
アキノエノコログサ アキノエノコログサ アキノエノコログサ
2007年9月22日 八雲
第2包穎が短く小花の上部が1/3程度露出する。
アキノエノコログサ アキノエノコログサ アキノエノコログサ
アキノエノコログサ
2007年9月22日 花穂があまり垂れないが、小穂の第2包穎が短い。 八雲
アキノエノコログサ アキノエノコログサ アキノエノコログサ
アキノエノコログサ アキノエノコログサ
2003年9月21日 東忌部
アキノエノコログサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑