アキニレ(秋楡)

落葉高木
中部地方以西〜沖縄の山野の荒れ地、川岸や河原に生える。高さ15m、直径60cmほどになる。樹皮は灰緑色〜灰褐色。褐色の小さな皮目があり、不ぞろいな鱗片状にはがれ、まだらに斑紋が残る。本年枝は淡紫褐色で、ふつう短毛がある。2〜3年枝には褐色の円い皮目ができ、表皮は成長するにつれて縦に裂ける。葉は互生。葉身は長さ2.5〜5cm、幅1〜2cmの長楕円形。先端は鈍く、基部は左右不相称。ふちには鈍い鋸歯があり、両面とも葉脈に沿って短毛がある。革質で表面には光沢がある。裏面は葉脈が突出し、脈腋に毛が密生する。側脈は8〜14対、鋸歯の先端に達する。葉柄は長さ3〜6mm、短毛が生える。本年枝の葉のわきに両性花が4〜6個ずつ集まってつく。花被は鐘形で基部近くまで4裂する。花被片は長さ2.5mmほどの舟形。雄しべは4個。花糸は花被から伸び出る。雌しべは1個。花柱は2裂する。内側が柱頭で白い毛が密生する。果実は翼果、長さ1cmほどの扁平な広楕円形で両面とも無毛。10〜11月に成熟する。翼には顕著な網状の脈がある。種子は長さ約5mmの広楕円形で、翼果の中央にある。花期は9月。
冬芽は長さ2〜3mmのやや扁平な卵形。芽鱗は4〜5個。葉痕は半円形。(樹に咲く花)
学名は、Ulmus parvifolia
ニレ科ニレ属



2014年9月18日 島根

アキニレ花

アキニレ花

アキニレ花

雄しべは4個、長さは約3mm。花被片を1個除いた。雌しべが見える。子房が膨らんだ雌しべ。

アキニレ花

アキニレ花

アキニレ花

花柱は2裂し、内側が柱頭。雄しべの葯が落ち、膨らんできた子房。

アキニレ花

アキニレ花

アキニレ花

柱頭が残る若い果実。柱頭が落ちた若い果実。

アキニレ果実

アキニレ果実

アキニレ果実

若い果実は長さ約1cm。葉身は長さ約3.6cm。

アキニレ果実

アキニレ葉

アキニレ葉

アキニレ葉

アキニレ

アキニレ樹皮

アキニ樹皮

アキニレ

アキニレ




2013年9月16日 植栽 八雲

アキニレ花

アキニレ花

アキニレ果実

アキニレ果実

アキニレ

2014年11月20日 果実 島根

アキニレ果実

アキニレ果実

アキニレ葉

果実は長さ約1cm。種子の入る中央部は膨らみ、周りは翼となる。中央部の果皮を除くと種子がある。

アキニレ果実

アキニレ果実

アキニレ果実

種子を取り除いた果皮。種子は4〜4.5mm。

アキニレ果実

アキニレ種子

アキニレ種子

アキニレ果実

アキニレ

2010年11月17日 果実 打出

アキニレ果実

アキニレ果実

アキニレ葉

アキニレ葉裏面

アキニレ

アキニレ樹皮

アキニレ

2008年10月4日 果実 西川津 植栽

アキニレ果実

アキニレ葉

アキニレ葉裏面

アキニレ

アキニレ

2005年11月5日 果実 島根

アキニレ果実

アキニレ果実

アキニレ葉

アキニレ葉裏面

アキニレ

アキニレ

アキニレ樹皮

アキニレ

2011年2月19日 果実 植裁 西川津

アキニレ果実

アキニレ果実

アキニレ果実

アキニレ冬芽

アキニレ冬芽

アキニレ冬芽

小枝が刺状になることがある。

アキニレ冬芽

アキニレ

アキニレ

2015年4月22日 幼木の若葉 島根

アキニレ若葉

アキニレ若葉

アキニレ

アキニレ樹皮

アキニレ

成木の若葉

アキニレ若葉

アキニレ若葉

アキニレ

アキニレ

アキニレ

2010年8月4日 美保関

アキニレ葉

アキニレ葉

アキニレ葉裏面

アキニレ枝

アキニレ

アキニレ

2005年11月5日 冬芽 大庭 植栽

アキニレ冬芽

アキニレ樹皮



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑