ムラサキツメクサ(紫詰草)

多年草
ヨーロッパ原産。牧草として明治初期に渡来し、全国に野生化している。茎は直立して高さ20〜60cmになり、開出毛が多い。小葉はふつう3個で、長さ2〜5cmの楕円形。V字形の斑紋があるものが多い。花序のすぐ下に葉が1対つく。花は球状に集まってつき、紅紫色で長さ1.3〜1.5cm。萼は長い毛が多く、萼片5個のうち1個が長い。花はほぼ無柄で、受粉したあと下を向くことはない。別名アカツメクサ。花期は5〜8月。(野に咲く花)
学名は、Trifolium pratense
マメ科シャジクソウ属
花が白色のものを品種としてセッカツメクサという。


2010年7月18日 大井花序の直下に左右1対の葉がつく。花後、長い萼裂片が目立つ。
ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ果実
萼筒。裏面には毛が多い。
ムラサキツメクサ萼筒 ムラサキツメクサ葉 ムラサキツメクサ葉裏面
ムラサキツメクサ托葉 ムラサキツメクサ



2010年12月4日 西忌部
ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ果実
長い萼裂片が目立つ。
ムラサキツメクサ果実 ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ葉
ムラサキツメクサ托葉 ムラサキツメクサ ムラサキツメクサ
2004年5月15日 平成
ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ ムラサキツメクサ
2013年5月9日 果実 東長江花は受粉後も下を向かない。
ムラサキツメクサ果実 ムラサキツメクサ果実 ムラサキツメクサ花
頭状花は直径約3cm、直下に葉が1対つく。花が密集してつく。
ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ花
蝶形花は長さ1.7cm。5裂した萼片は1個が2倍程度長い。
ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ花 ムラサキツメクサ萼
萼に毛が多く、裂片は線形、花弁が枯れ残る。萼裂片には長毛が生える。
ムラサキツメクサ萼 ムラサキツメクサ萼 ムラサキツメクサ萼
萼裂片の1個が特別に長い。萼筒の中に果実がある。
ムラサキツメクサ萼 ムラサキツメクサ果実 ムラサキツメクサ果実
果実は長さ約2mm、花柱が残っている。果実の中に種子が1個入る。種子は長さ約1.7mm。
ムラサキツメクサ果実 ムラサキツメクサ種子 ムラサキツメクサ種子
葉は3出複葉で、小葉にはV字紋がある。葉柄基部の托葉は膜質で大きい。
ムラサキツメクサ萼 ムラサキツメクサ葉 ムラサキツメクサ托葉
下部の葉は長い葉柄がある。葉は3出複葉で、小葉は長さ約2cm。葉の縁に毛がある。
ムラサキツメクサ葉 ムラサキツメクサ葉 ムラサキツメクサ葉
葉の裏面。葉の裏面は脈上に長毛がある。
ムラサキツメクサ葉裏面 ムラサキツメクサ葉裏面 ムラサキツメクサ
ムラサキツメクサ ムラサキツメクサ
2013年5月16日 白花(セッカツメクサ) 大東   花序の直下に左右1対の葉がつく。
セッカツメクサ花 セッカツメクサ花 セッカツメクサ花
花は長さ約1.5cm。萼裂片の1つが他の萼片の2倍長ある。
セッカツメクサ花 セッカツメクサ花 セッカツメクサ萼
葉柄の基部に大きな托葉がある。
セッカツメクサ葉 セッカツメクサ托葉 セッカツメクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑