アカシデ(赤四手)

落葉高木
北海道〜九州の山野の川岸など湿った肥沃なところを好む。高さ15m、直径30cmほどになる。樹皮は暗灰色でなめらか。老木では筋状のくぼみが目立つ。本年枝にははじめ長い伏毛が多い。2年目以降の小枝には横に長い楕円形の皮目がある。葉は互生。葉身は長さ3〜7cm、幅2〜3.5cmの卵形または卵状楕円形。薄い洋紙質で、先端は尾状に長くとがり、基部は円形。ふちには不ぞろいの細かい重鋸歯がある。表面には長い伏毛が散生する。側脈は7〜15対あり、裏面に突出する。裏面の脈上と脈腋には粗い毛がある。葉柄は長さ3〜14mm、はじめ有毛だが、のち無毛。雌雄同株。葉の展開と同時に開花する。雄花序は黄褐色で長さ4〜5cm、前年枝から垂れ下がる。苞は広卵形で紅色を帯び、先端は鋭くとがり、ふちに軟毛がはえる。雄花は苞に1個ずつつき、雄しべは8個。葯の先は紅色を帯び、軟毛が生える。雌花序は本年枝や短枝の先端に上向きにつくか、または垂れ下がる。苞は卵状披針形。雌花は苞に1個ずつつく。果実は堅果。8〜9月に熟す。果穂は長さ4〜10cm。クマシデやサワシバに比べて、果苞がパラパラした感じでつく。葉状の果苞まばらにつく。苞は長さ1〜1.8cm、基部で3裂し、ふちには粗い鋸歯がある。果苞の基部に堅果が1個つく。堅果は長さ3.5mmの広卵形で、表面に縦の筋が7〜10個ある。花期は4〜5月。
冬芽は、長さ5〜10mmの紡錘形。葉芽の先端は鋭く尖る。芽鱗は16〜18個。葉痕は半円形。(樹に咲く花)
学名は、Carpinus laxiflora
カバノキ科シデ属
よく似たイヌシデは、12〜15対の側脈があり、葉柄が短い。また裏面の毛は著しく、特に脈腋や脈上に毛が残る。


2011年5月4日 雄花序と雌花序 八雲雄花序は前年枝につく。雄花
アカシデ花序 アカシデ雄花序 アカシデ雄花
雌花序雌花序は本年枝や短枝の先につく。
アカシデ雌花序 アカシデ雌花序 アカシデ雌花
アカシデ葉 アカシデ葉裏面 アカシデ葉
アカシデ樹皮 アカシデ



2006年4月23日 西忌部 雄花は枝元につく。雌花は枝の先端につく。
アカシデ雌花序 アカシデ雌花 アカシデ雌花序
アカシデ雌花
2016年7月24日 果穂 八雲果苞の基部に果実がついている。果苞の基部に果実がつく。
アカシデ果穂 アカシデ果穂 アカシデ果穂
果穂は長さ約5cm。果苞の基部に果実がある。果苞は2個が対になる。
アカシデ果穂 アカシデ果苞 アカシデ果苞
果実は長さ3mm。葉の先端は尾状になる。
アカシデ果実 アカシデ葉 アカシデ
2011年6月29日 果穂 八雲長さは4cm程度。果苞の基部に果実がつく。
アカシデ果穂 アカシデ果穂 アカシデ果実
果苞の基部は3裂状の鋸歯がある。
アカシデ果実 アカシデ果実 アカシデ果実
アカシデ
2011年6月29日 果実 八雲長さ13cmと果穂が長い。
アカシデ果穂 アカシデ果穂 アカシデ果実
脈上に伏毛がある。表面にも毛が散生する。
アカシデ葉 アカシデ葉 アカシデ葉
裏面脈上に伏毛がある。葉柄や枝は無毛。
アカシデ葉裏面 アカシデ葉柄 アカシデ葉
アカシデ枝 アカシデ樹皮 アカシデ
2005年5月21日 葉先が尾状にのびる。 西忌部果苞の下部は3裂状に鋸歯がある。
アカシデ果穂 アカシデ果苞 アカシデ果穂
アカシデ
2008年6月15日 東忌部表面には長い伏毛が散生する。葉の先端は尾状に伸びる。
アカシデ葉 アカシデ葉 アカシデ葉裏面
裏面は脈上や脈腋に粗い毛がある。本年枝には長い伏毛がある。
アカシデ葉裏面 アカシデ枝 アカシデ樹皮
アカシデ アカシデ
2005年8月28日 果実 東忌部
アカシデ果穂 アカシデ果苞 アカシデ葉
アカシデ葉 アカシデ樹皮 アカシデ
2012年3月21日 冬芽 八雲
アカシデ冬芽 アカシデ アカシデ冬芽
アカシデ冬芽 アカシデ樹皮 アカシデ
2005年11月20日 忌部高原
アカシデ葉 アカシデ葉 アカシデ葉裏面


冬芽はやや開出する。
アカシデ葉裏面 アカシデ樹皮 アカシデ冬芽


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑