アカネ(茜)

つる性多年草。
本州〜九州の山野にごくふつうに見られる。茎はよく分枝し、下向きの刺がある。葉は長さ3〜7cmの三角状卵形または狭卵形で、先端はしだいに細くなってとがり、基部は心形。4枚輪生している葉のうち、2個は托葉が大きく発達したもの。葉柄や葉の裏面脈上にも下向きの刺がある。花は黄緑色で、葉腋からでた集散花序につく。果実は直径5〜7mm、液果で黒く熟す。普通2個がくっついているが、1個だけしか発達しないものもある。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Rubia argyi
アカネ科アカネ属


2007年9月27日 大平山葉は4枚が輪生する。
アカネ花 アカネ花 アカネ葉
裏面脈上にも刺がある。茎には刺がある。
アカネ葉裏面 アカネ茎 アカネ



2003年9月21日 東忌部虫えい(アカネツボミフクレフシ)
アカネ花 アカネツボミフクレフシ アカネ花
茎に刺がある。葉は4枚が輪生する。
アカネ茎 アカネ
2005年9月24日 玉湯
アカネ花 アカネ花
2012年11月28日 果実 西長江
アカネ果実 アカネ果実 アカネ果実
果実は直径約8mm。 果実の横断面、種子が1個入る。 種子の直径約5mm。
アカネ果実 アカネ果実 アカネ種子
種子の表裏。葉は4枚の輪生、2枚は托葉が変化したもの。 葉身は長さ約4cm。
アカネ種子 アカネ葉 アカネ葉
葉は表裏とも無毛。裏面脈上に刺がある。
アカネ葉 アカネ葉裏面 アカネ葉裏面
アカネ アカネ
2011年11月4日 果実は普通2個がくっつく。 大海崎
アカネ果実 アカネ果実 アカネ葉
アカネ
2007年10月7日 若い果実 枕木山
アカネ果実 アカネ葉 アカネ茎
アカネ アカネ
2008年10月12日 若い果実 上本庄
アカネ果実 アカネ果実

薄葉 重「アカネの花蕾にタマバエの幼虫がつき、花冠部が肥大して開花せずに終わったもの。子房部分(緑〜緑褐色)は正常な大きさに達せず、扁平球状に終わる。花冠部分は高さ 2.3 mm、直径 2.0 mm の円柱状〜準円錐状で黒褐色。頂部におしべの枯れたものが残っている。内部に1頭の黄色の幼虫がおり、9月〜10月にはゴール内で白色のまゆを作る。このゴール部分のみが脱落するので、このまま老熟幼虫の状態で越冬するものと考えられる」
2013年10月21日 アカネツボミフクレフシ(虫えい) 西忌部 蕾であった部分が黒くなって固まっている。長さ約2mm。
アカネツボミフクレフシ アカネツボミフクレフシ アカネツボミフクレフシ
黒い部分の中に繭のようなものがある。繭のようなもの。繭のようなものの中に幼虫がいた。
アカネツボミフクレフシ アカネツボミフクレフシ アカネツボミフクレフシ
入っていた幼虫、長さ約2mm。子房が少し膨らんでいる。
幼虫の画像 アカネツボミフクレフシ アカネツボミフクレフシ
花序の全てが虫えいになっている。
アカネツボミフクレフシ アカネツボミフクレフシ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑