アカカタバミ(赤片喰)

多年草
カタバミの1品種。日本各地の道端などの乾燥した場所に生える。茎はよく枝分かれし、下部は地面をはい、上部は立ち上がる。葉は3小葉で赤紫色を帯びる。葉の脇から散形花序を出し、径8mmぐらいの黄色の花をつける。中心部が赤くなることが多い。果実はさく果、長さ約2cmの円柱形で熟すと多数の種子をはじきとばす。種子は淡褐色、長さ約1.5mmの広卵形で、表面に横みぞが7本ある。花期は5〜9月
学名は、Oxalis corniculata f. rubrifolia
カタバミ科カタバミ属
葉が緑色のものはカタバミ、また中間の色合いのものをウスアカカタバミという。
葉の表面や茎にも毛が多いものをケカタバミという。


2014年4月23日 殿花の中心部が赤くなる。
アカカタバミ花 アカカタバミ花 アカカタバミ花
花は直径約1.3cm。
アカカタバミ花 アカカタバミ花 アカカタバミ花
葉は3小葉からなる。裏面。小葉の長さは約5mm。
アカカタバミ葉 アカカタバミ葉裏面 アカカタバミ
アカカタバミ



2005年11月5日 花の中心部が赤くなる。 島根加賀
アカカタバミ花 アカカタバミ葉 アカカタバミ葉
アカカタバミ葉
2013年4月4日 天神葉が赤みを帯びる。
アカカタバミ花 アカカタバミ アカカタバミ
2012年5月26日 鹿島
アカカタバミ花 アカカタバミ花 アカカタバミ果実
長さ約2cm。子房は5室。未熟な種子。長さ約1.8mm。
アカカタバミ果実 アカカタバミ果実 アカカタバミ種子
アカカタバミ果序 アカカタバミ葉 アカカタバミ葉
アカカタバミ葉 アカカタバミ葉裏面 アカカタバミ葉裏面
アカカタバミ茎 アカカタバミ アカカタバミ
2010年9月1日 大庭
アカカタバミ花 アカカタバミ花 アカカタバミ果実
アカカタバミ葉 アカカタバミ
2005年9月24日 玉湯 ウスアカカタバミのタイプ2003年10月4日 乃白
ウスアカカタバミ花 ウスアカカタバミ葉 アカカタバミ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑