アイダクグ(間莎草)

1年草
千葉県以西〜九州の路傍や休耕田などに多い。横に長くのびる赤みを帯びた根茎を持つ。稈は直立し、高さ15〜30cm。葉は柔らかく扁平、幅2〜3mm、やや平滑。基部の鞘は褐色または赤褐色を帯びる。花序は球状、無柄、径5〜12mm、密に多数の小穂をつけ緑色。苞葉の葉身は2〜4枚つき、葉状で長い。小穂は長さ3〜3.5mm、長楕円形、完熟すると基部から脱落する。小穂は4個の鱗片からなり、上方の2個が大きく、下方の2個は小さく、上から2番目の鱗片に両性花がつき結実する。下方の2個の鱗片は苞葉と前葉に相当する。鱗片は卵形で尖り先端はわずかに反曲し、膜質、淡緑色で細脈がある。鱗片の竜骨には数個の小刺がある。そう果は広倒卵形で長さは鱗片の約1/2。花柱はそう果とほぼ同長。柱頭は2個。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Cyperus brevifolius var. brevifolius
カヤツリグサ科カヤツリグサ属
よく似たものにヒメクグがあり、鱗片に刺がない。


この場所の集団は花序が1〜3個ついている。
2015年8月1日 西浜佐陀苞葉は水平または反曲している。花序は長さ約1cmで、楕円形になる。
アイダクグ花序 アイダクグ花序 アイダクグ花序
花序が3個ある。小穂は長さ約2.7mm、中に果実が見える。果実は上から2番目の鱗片の中にある。
アイダクグ花序 アイダクグ小穂 アイダクグ小穂
鱗片の竜骨に刺がある。大きな鱗片の基部に小さな鱗片が2個ある。柱頭は2岐、果実は長さ約1mm。
アイダクグ小穂 アイダクグ小穂 アイダクグ果実
アイダクグ果実 アイダクグ アイダクグ



この場所の集団は花序が球形であり、ヒメクグと思ったが、鱗片に刺があった。また最下の苞が直立している。
2015年7月25日 八雲最下の苞が直立している。
アイダクグ花序 アイダクグ花序 アイダクグ花序
花序は直径約8mm。小穂は長さ約3.3mm。鱗片の稜に刺がある。
アイダクグ花序 アイダクグ小穂 アイダクグ
若い果実、柱頭は2岐。中央の苞が直立し、他の2個も反曲していない。
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
アイダクグ アイダクグ
2015年7月11日 広瀬最下の苞が直立している。中央にある苞が最下の苞。
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
花序は直径約5mmの球形になっている。小穂は長さ約3mm。柱頭は2岐。小穂の基部に小さな鱗片が2枚ある。
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
鱗片の竜骨に小刺がある。
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
アイダクグ アイダクグ アイダクグ

2012年10月29日 玉湯苞葉は水平か下向きのものが多い。
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
花序は長さ約10mm、幅8mmの楕円形。小穂は長さ約3.5mm。小穂の鱗片の竜骨に刺がある。
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
鱗片の刺。果実は長さ約1.1mm茎の横断面、3稜がある。
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
アイダクグ アイダクグ
2011年10月29日 大東
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
鱗片に刺がある。
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
2011年10月12日 灘 公園鱗片の竜骨に小さな刺がある。
アイダクグ アイダクグ アイダクグ
アイダクグ アイダクグ
2011年10月15日 灘 公園
アイダクグ アイダクグ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑