アブラススキ(油薄)

多年草。
北海道から九州の山地の丘陵地に生育し、やや群生する。茎の高さ80〜120cm、やや太く単純で直立・叢生する。葉は長さ40〜55cm、幅10〜15mm。葉は表面と縁は無毛であるが著しくざらつく、裏面は平滑で長い寝た毛が散生し、また鞘口に長さ5〜8mmの毛がある。葉舌は長さ2〜4mm、背面と縁辺に毛がある。葉鞘は長く、平滑、無毛。花序は円錐形で長さ25〜30cm、花軸の各節から4〜8個の繊細な枝を半輪生状に斜め上に出す。小穂は枝の各節に双生し、1個は長さ3mm、他は5mmの小梗をつける、長さ5〜5.5mmで基部に短毛が叢生し、苞穎には長い毛が散生、2小花からなるが第1小花は不完全。花期は8〜9月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Eccoilopus cotulifer
イネ科アブラススキ属


2009年9月13日 宍道
アブラススキ アブラススキ アブラススキ

小穂基部に毛がある。葉鞘口部に毛がある。
アブラススキ アブラススキ アブラススキ
下部の葉は基部が細くなり長い柄となる。
アブラススキ アブラススキ



2007年9月27日 上講武
アブラススキ アブラススキ アブラススキ
小穂は長柄、短柄のものが1対になる。下部の葉は長い柄がある。
アブラススキ アブラススキ アブラススキ
2007年9月22日 八雲
アブラススキ アブラススキ アブラススキ
アブラススキ アブラススキ アブラススキ
アブラススキ アブラススキ アブラススキ
2005年9月17日 佐草
アブラススキ アブラススキ アブラススキ
アブラススキ アブラススキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑