アブラギリ(油桐)

落葉高木
中部地方以西〜九州、日本に野生しているものは本来の自生かどうか不明。高さ15m、直径60cmほどになる。樹皮は淡灰褐色で、平滑、縦に浅いしわがある。枝は太くて無毛。はじめ緑色でのちに暗褐色。葉は互生。葉身は長さ15〜20cm、幅8〜16cmの卵形〜広卵形。先はとがり、基部はハート形。浅く3裂するものが多く、縁は鈍い鋸歯がある。裏面の脈腋に褐色の毛がある以外は両面とも無毛。葉身の表面基部に柄のある腺が2個ある。葉柄は紅色を帯び、長さ6〜12cm。雌雄同株。枝先に円錐花序をだし、直径2cmほどの白い花をつける。開花後しばらくすると花弁の基部や花糸は紅色を帯びる。果実は堅果。直径約2〜2.5cmの扁球形で溝が3個ある。10〜11月に熟すが、熟しても裂開しない。なかには種子が3個入っている、種子は直径約1cmの球形。花期は5〜6月
冬芽は、頂芽だけが発達する。頂芽は半球形で長さ7〜12mm。芽鱗は7〜12個。葉痕は円形で大きく、左右に托葉痕がある。(樹に咲く花)
学名は、Vernicia cordata
似た花にシナアブラギリがある。
トウダイグサ科アブラギリ属


2014年6月1日 雄花 美保関雄しべは長短2段につく。
アブラギリ雄花 アブラギリ雄花 アブラギリ雄花
花は直径約3cm。
アブラギリ雄花 アブラギリ雄花 アブラギリ雄花
葉身基部に2個の腺がある。
アブラギリ花序 アブラギリ腺 アブラギリ花序
アブラギリ
雌花の花後、若い果実。
アブラギリ果実 アブラギリ果実 アブラギリ果序
雌花は終わり、雄花だけ咲いている。
アブラギリ花序



2007年6月10日 雄花 島根雄しべは長短2段につく。
アブラギリ雄花 アブラギリ雄しべ アブラギリ花序
普通は2個の蜜腺だが3個ある。
アブラギリ蜜腺 アブラギリ
2006年6月3日 雌花 東忌部2裂する花柱が3個ある。
アブラギリ雌花 アブラギリ雌花 アブラギリ花柱
2個の蜜腺
アブラギリ花序 アブラギリ蜜腺 アブラギリ蜜腺
葉は3裂するものが多い。
アブラギリ葉
2003年6月7日 雄花 東出雲
アブラギリ雄花 アブラギリ雄花 アブラギリ
葉柄の上端に腺が2個ある。
葉の裂け目にも腺がある。
アブラギリ蜜腺 アブラギリ葉 アブラギリ葉
2004年7月4日 果実 鹿島溝が3個ある。
アブラギリ果実 アブラギリ果実 アブラギリ
2013年2月14日 果実 島根落ちていた果実。直径約3.5cm。
アブラギリ果実 アブラギリ果実 アブラギリ果実
種子が5個ある。通常は3個。種子は直径約1.5cm。冬芽は頂芽のみが発達する。
アブラギリ果実 アブラギリ種子 アブラギリ冬芽
葉痕は円形、左右に托葉痕がある。
アブラギリ冬芽 アブラギリ冬芽 アブラギリ
アブラギリ樹皮 アブラギリ
2014年10月16日 蜜腺 八雲秋になると蜜腺が落ちてしまう。
アブラギリ蜜腺 アブラギリ アブラギリ葉
アブラギリ
2008年5月17日 若葉と蕾 東持田
アブラギリ蕾 アブラギリ蕾 アブラギリ若葉
アブラギリ
2011年4月6日 冬芽 玉湯
アブラギリ冬芽 アブラギリ冬芽葉痕 アブラギリ樹皮
アブラギリ アブラギリ
2006年3月5日 冬芽 
アブラギリ冬芽 アブラギリ冬芽 アブラギリ葉痕
果実
アブラギリ果実 アブラギリ アブラギリ樹皮
アブラギリ
2006年3月5日 冬芽 八雲
アブラギリ冬芽 アブラギリ葉痕 アブラギリ冬芽
アブラギリ アブラギリ
2006年3月5日 冬芽 八雲
アブラギリ冬芽 アブラギリ アブラギリ冬芽
アブラギリ アブラギリ樹皮 アブラギリ
2014年4月10日 樹形 東持田
アブラギリ アブラギリ アブラギリ
アブラギリ アブラギリ アブラギリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑