アベマキ

落葉高木
山形県以南〜九州の丘陵〜山地に生える。高さは15m、直径40cmほどになる。樹皮は灰黒色。コルク層がよく発達し、縦にえぐれるように深く割れる。枝ははじめ白色の軟毛が密生するが、のちに無毛になる。2年枝は白っぽいまるい皮目が散生する。葉は互生。葉身は長さ12〜17cm、幅4〜7cmの卵状狭楕円形で、洋紙質。先端はとがり、基部はまるい。ふちには浅い波状の鋸歯がある。鋸歯の先端は長さ2〜3mmの針になる。側脈は12〜16対。表面には光沢があり、はじめ軟毛があるが、のちに無毛になる。裏面は灰白色。星状毛がびっしりと密生している。落ち葉になっても葉裏の星状毛は残る。葉柄は長さ1.5〜3.5cm。托葉は長さ1.2cmほどの線形。開葉後まもなく落ちる。雌雄同株。葉の展開と同時に開花する。雄花序は長さ約10cm、新枝の下部から垂れ下がる。花序には軟毛がある。雄花の花被は直径約2.5mm。雄しべは3〜4個。雌花は新枝の上部の葉腋にふつう1個ずつつく。雌花には長さ約1mmの柄があり、花柱は3個。果実は堅果。直径1.8cmほどの球形。翌年の秋に成熟する。殻斗には線形の鱗片がらせん状にびっしりとつく。花期は4〜5月
冬芽は長さ4〜8mmの長卵形。芽鱗は20〜30個。葉痕は半円形。(樹に咲く花)
学名は、Quercus variabilis
ブナ科コナラ属
よく似たものにクヌギがあるが、葉の裏面に星状毛はなく緑色。


2012年4月28日 玉湯雄花序は新枝の下部から垂れ下がる。雄花序には毛が多い。
アベマキ雄花 アベマキ雄花 アベマキ雄花
雄しべが4個ある。
アベマキ雄花 アベマキ雄花 アベマキ雄花
雌花は新枝の上部の葉腋につく。雌花が2個あるが、ふつうは1個ずつつく。  柱頭は3裂する。
アベマキ雌花 アベマキ雌花 アベマキ雌花
葉の表面は光沢があり、最初は軟毛がある。鋸歯の先端には葉緑体がない。
アベマキ雌花 アベマキ葉 アベマキ葉
葉の裏面は灰白色。白い毛が密生する。長い線形の托葉があるが、開葉後に落ちる。
アベマキ葉裏面 アベマキ葉裏面 アベマキ托葉
アベマキ



2011年2月26日 冬芽 玉湯
アベマキ冬芽 アベマキ冬芽 アベマキ葉痕
葉の表面。葉の裏面。裏面には毛が密生する。
アベマキ葉 アベマキ葉裏面 アベマキ葉裏面
殻斗と果実
アベマキ果実 アベマキ樹皮 アベマキ
アベマキ

2010年5月16日 玉湯上段がクヌギ、下段がアベマキ。裏面に細かい毛が密生する。
アベマキ葉 アベマキ葉裏面 アベマキ葉裏面
クヌギの葉裏。
クヌギ葉裏面 アベマキ樹皮
2010年5月1日 玉湯葉の表面
アベマキ葉 アベマキ葉 アベマキ葉
葉の裏面
アベマキ葉裏面 アベマキ葉裏面 アベマキ樹皮
アベマキ
2011年5月2日 若葉 玉湯
アベマキ葉 アベマキ葉 アベマキ葉裏面
アベマキ アベマキ樹皮 アベマキ
2011年11月26日 紅葉 玉湯
アベマキ葉 アベマキ葉裏面 アベマキ

2006年8月26日 玉湯刺は葉緑体がない。葉裏が白い。
アベマキ葉 アベマキ葉 アベマキ葉裏面
樹皮の拡大
アベマキ樹皮 アベマキ樹皮 アベマキ
アベマキ
2007年12月16日 冬芽と果実 玉湯
アベマキ冬芽 アベマキ冬芽 アベマキ果実
2010年2月28日 冬芽 玉湯
アベマキ冬芽 アベマキ冬芽 アベマキ冬芽

2008年6月15日 東忌部熊山
アベマキ葉 アベマキ葉裏面 アベマキ葉
アベマキ葉裏面 アベマキ葉裏面 アベマキ果実
アベマキ アベマキ樹皮 アベマキ
2007年5月20日 東忌部熊山鋸歯の先端は刺状になり葉緑素がない。
アベマキ葉 アベマキ葉 アベマキ葉裏面

去年の落下した実幼果 去年できた実
アベマキ葉 アベマキ果実 アベマキ果実
今年できた幼果
アベマキ果実 アベマキ アベマキ樹皮
アベマキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑